PS4ProとPS4の違いを比較!ロード時間と快適さを重視するならプロがおすすめ

つい先日、普通のPS4からPS4Proに買い替えた。これまで「PS4Proよさげだけど、なにがいいかよくわからんし、買い替えないでいいや」と思っていた。

PS4Proは、PS4に比べて1万円くらい高いし、正直、買い替えるほどの魅力を感じていなかったからだ。

でも、「ものは試し」とPS4Proに買い替えてみたところ、思っていた以上にゲームが快適になった。そこでこの記事では、PS4Proに買い替えてみて感じたPS4Proの魅力を、普通のPS4と比較して語っていく。

スポンサーリンク




どっちがいい?PS4 Proと通常版PS4の違いを比較!~価格・画質・性能~

まずは、PS4 Proと通常版PS4の違いを比較表にして、一覧で紹介する。細かく見ていくときりがないが、大まかにイメージでつかんで頂ければと思う。

PS4Pro PS4
画質 4K対応(2160p)
・4K対応はPS4版のみ!
フルHD対応(1080p)
映像表現強化 有り
・モンハンワールドなど、一部ソフト
無し
ブーストモード 有り 無し
ロード時間 短い PS4 Proより長い
CPU性能 8コア・2.1GHz
・PS4より約3割↑
8コア・1.6GHz
メモリ性能 8GB 218GB/s
・PS4より2割強↑
8GB 176GB/s
GPU性能 4.20TFLOPS
・PS4の倍以上!
1.84TFLOPS
ストレージ 1TB 500GB/1TB
配信画質 1080p/60fps
・Youtubeの最高画質で配信可能
720p/30fps
消費電力 最大310W
・PS4の倍近いけど、実は数円の違い
最大165W
サイズ・重量 3.3kg
29.5×5.5×32.7cm
2kg
26.5×3.9×28.8cm
価格(税抜) 44980円
・PS4より1万円高い
34980円(1TB)
29980円(500GB)

※フレームレートを向上・安定させるモード

 

PS4Proはロード時間を短くしたい人・高画質を求める人・FPSガチ勢におすすめ

すごく簡単に言うと、PS4Proは、

  • 4K対応TVじゃなくてもPS4Proのほうが映像品質はかなりイイ!
  • ロード時間も短い!
  • PS4よりフレームレートが安定している
  • でも、少し高い&デカい

という特徴がある。

 

このため、

  • 高画質×ぬるぬる動く状態で快適にゲームがしたい
  • ロード時間待つのが嫌い!ストレスなく遊びたい
  • 快適になるなら、少し高くてもいい
  • FPSが好きだから遅延は少しでも少なくしたい
  • ゲーム実況・配信もするかも

という人は、PS4Pro一択だ。

 

マシンスペックのおかげで、画像がカクカクしにくくなるし、ロード時間もかなり短くなるので、4Kテレビを持っていなくても、その恩恵はかなり大きい。

だから、より快適に遊びたいなら、PS4Proが圧倒的におすすめだ。正直、おれももっと早く買い替えておけばよかったと思っている。

通常版のPS4は、画質やロード時間の長さよりも価格が重要な人におすすめ!

でも逆に、

  • 画質よりも値段が重要!1万円の差はデカい……
  • ロード時間待つのもそんなに苦にならない
  • ゲーム実況・配信とか、する予定なし!

という人は、PS4がおすすめだ。

 

PS4Proよりは劣るとは言っても、通常版のPS4でも基本性能が十分に高い(たとえば、ゲーム動画をカクつきなく動かせるかの指標『fps』は、ニンテンドースイッチの倍、60fpsある)。

だから、『通常版だとゲームプレイに支障がでる』ということは一切ない。より快適に遊びたいならProのほうがいい、というだけで、通常版PS4でも、ストレスなく遊べるので。

 

 

では、これから、PS4ProとPS4の違いを詳しく紹介していく。

 

4KテレビじゃなくてもPS4 Proは快適!処理能力の違いが最大の魅力!

PS4Proというと、やはり4K画質が特徴として上げられることが多い。でも、個人的に思う、PS4Proの1番の特徴は、4KよりもマシンパワーがPS4より圧倒的に高いことだ。

■【比較】PS4ProとPS4のマシンスペックの違い

PS4 Pro PS4
CPU性能 8コア・2.1GHz
・PS4より約3割↑
8コア・1.6GHz
メモリ性能 8GB 218GB/s
・PS4より2割強↑
8GB 176GB/s
GPU性能 4.20TFLOPS
・PS4の倍以上!
1.84TFLOPS

 

この性能の高さのおかげで、画像処理の負担が激しいソフト(地球防衛軍5やモンハンワールドなど)でも動画がカクつかず、ぬるぬる動く。

また、PS4Pro限定の機能である『ブーストモード』が使えることや4K画像が見れることもやはり大きなメリットだ。

 

Fpsなどに便利。PS4Pro専用の『ブーストモード』を使えば、過去のソフトもより高画質に!

『ブーストモード』は、『通常版のPS4との性能差を活かし、PS4Pro発売以前にリリースされたソフトであっても、フレームレートを向上、安定化させる』というPS4Pro限定の機能だ。

 

フレームレートが変化するゲームでは、フレームレートが向上し、固定となっているものでは、その安定化を図る。

特に敵やオブジェクトがたくさん出てくる『無双シリーズ』や少しの遅延がネックにナルFPSなどで、恩恵が大きい。なお、『ブーストモード』を使うと、普段よりPS4Proに負荷がかかるため、ファンの音が少しうるさくなる。ただ、使った体感としては、気になるほどの音ではなかった。

 

『PS4Pro ENHANCED』対応ソフトなら、映像が強化される

実は、PS4Proであれば、どんなソフトでも4K画像が見られるわけではない。ソフト自体が『PS4Pro Enhanced』対応している必要がある。

※対応ソフトには、上の画像のような表示がある。まぁ、PS4Proより後にリリースされ、一般に『画像がきれい!』と言われているソフトはだいたい対応しているのだが……。

 

この『PS4Pro Enhanced』に対応しているソフトは、たとえば以下のようなものがある。

  • モンスターハンター ワールド
  • PS4版 ワンダと巨像
  • Horizon Zero Dawn
  • GRAVITY DAZE 2
  • 人食いの大鷲トリコ
  • バイオハザード7 レジデント イービル
  • FF15

4KテレビやPSVRを持っていて、これらのソフトを買う予定がある/買った人は、他の人よりもさらにPS4Proを買うメリットが大きくなる。

 

モンハンワールドなど、ソフト独自でPS4Pro限定の設定を用意しているものもある

PS4Proはマシンスペックが高いことを利用し、PS4Pro限定で設定できる項目を用意しているソフトもある。

たとえば、モンハンワールドだ。モンハンワールドでは、PS4Pro限定で、以下の3つの設定を選ぶことができる。

  • 4K対応
    :4K画像でプレイできる
  • フレームレート優先
    :情報量が多くなってもぬるぬる動く状態を維持し、動きがカクつくのを防ぐ。
  • グラフィック優先
    :情報量が多くなっても解像度が高い状態を維持する(4Kテレビじゃなくても高画質でプレイしたい人向け)。

 

『自分の重視したい点に合わせて、優先すべき項目を設定できる』というのは、ゲームプレイのストレス軽減に大いに役立つ。

 

『PS4Pro Enhanced』対応ソフトは、スーパーサンプリングモードを使えば4K以外のTVでも画質向上!

スーパーサンプリングモードとは、2018/3/8に追加された新機能だ。

4K以外の解像度(2K,フルHD,HDなど)でも、『PS4Pro Enhanced』対応のソフトにおいて画質が向上する。

非4Kテレビのユーザーも、PS4Proへ切り替えることのメリットが増えた形だ。

 

最大の魅力:PS4ProはPS4よりロード時間も短い!待つことが苦手な人におすすめ!

PS4Proは、そのマシンスペックのおかげで、通常版PS4よりもロード時間も短くなる。差があまりないソフトもあるが、モンハンワールドのような大容量のゲームでは、差が大きくなりがちだ。

(参考)PS4ProとPS4のロード時間比較動画

 

この動画はかなり極端な例ではあるけれど、PS4ProとPS4で、ロード時間が30秒以上違う待つのが苦手なら、PS4Proにしておいたほうが、無難。ストレスをためないで済むので。

 

ゲーム実況・配信するなら、PS4ProとPS4の配信品質の違いに注目!

PS4は、本体のみで、ゲーム動画の録画・配信が可能だ。ただ、PS4ProとPS4では、その配信できる動画の品質が異なる。

PS4Proは、1080p/60fpsの高画質配信に対応している。一方PS4での動画配信は720p/30fpsまでの対応だ。

ゲーム動画配信と言えば、Youtubeが一番有名だが、2018年現在の最高品質が1080p/60fpsだ。

 

有名実況者をはじめ、『モンハンワールド』や『ワンダと巨像』などの高画質ソフトを配信する人はだいたい1080p/60fpsで動画を配信しているので、ゲーム実況動画を配信する予定があるのなら、PS4Proにしておいたほうがいい。

 

※PS4でもキャプチャーボードを使えば、1080p/60fpsの動画を録画・配信できる。

でも、1080p/60fpsに対応している高機能のキャプチャーボードは数万円するので、それならPS4Pro買っておいたほうがいいと思う。本体だけで配信できるから、楽だし。

■(参考)有名な高機能キャプチャーボードGC550

とはいえ、PS4Proは通常版と比較すると、高くてデカい…価格と大きさ重視ならPS4!

ここまで、「PS4Proいいよ!」と伝えてきたが、デメリットも伝えておかないとフェアじゃない。ので、デメリットも伝えておく。

■【比較】PS4ProとPS4の価格とサイズの違い

PS4Pro PS4
サイズ・重量 3.3kg
29.5×5.5×32.7cm
2kg
26.5×3.9×28.8cm
価格(税抜) 44980円
・PS4より1万円高い
34980円(1TB)
29980円(500GB)

表の通り、PS4Proは、PS4よりデカいし、少し高い。

  • 画像にそれほどこだわりなし!
  • ロード時間も待てる!
  • ゲーム実況・配信もする予定はない!

という方は、PS4のほうがいいと思う。

 

ストレスなくゲームを楽しみたいなら、PS4Pro!違いは意外と大きいので

今回、実際にPS4Proに買い替えてみて、「思ってたより違いが大きかった!」「ゲームが、より快適になった!」と感じたので、PS4ProとPS4の違いをまとめてみた。

 

繰り返しになるが『画質や快適さより、価格が大事!』というかたには、PS4Proは向かないと思う。

でも、『せっかくゲームをするなら、少しでも快適に、ストレスを感じず遊びたい!よりゲームの世界に没入したい!』というかたは、PS4Proにしたほうがいい。

想像していたよりも、通常版との違いは大きかったので。

 

 

(参考)PS4ProはSSD換装対応なので、あとから更なる高速化も可能

PS4Proは内蔵されている記憶装置をHDDからSSDに換装することで、読み込み速度がさらに速くなる。

PS4Pro|換装できるHDD/SSDの条件と注意点

容量160GB以上

■大きさ2.5インチ/厚さ9.5mm以下
→大容量のものは大きさ3.5インチのものがあるので注意

※参考:PS4公式サポートの「内蔵HDDについて」

 

換装できるSSD例

商品名 価格帯 読込速度
(MB/s)
書込速度
(MB/s)
PX-512S3C
[512GB]
 2万円前後  550 520
TS512GSSD370S
[512GB]
 2万円前後  570 470
MZ-75E500B/IT
[500GB]
 1万5千円前後  540 520
MZ-75E1T0B/IT
[1TB]
3万円前後 540 520

 

最初からSSD換装を考える必要はないが、PS4Proは、こちらを買ってそれでもなお「やっぱりまだ遅いなぁ…」と感じたときに、さらなる高速化を図れる。

これはSSD換装できない通常のPS4にはないメリットなので、覚えておいて損はないかと思う。

 

※PS4/PS4Proを安く買いたい方は、以下記事もどうぞ。

定価以下も!PS4・PS4Pro本体|新品・中古価格一覧と相場~再販/入荷情報あり~

スポンサーリンク





ゲーム関連の速報

楽天で最大ポイント43倍のお買い物マラソン実施中(9/26まで)。

 

 

スマブラSPとポケモンレッツゴーの特別仕様のスイッチ本体同梱版が予約受付開始。

Amazon楽天ブックス
 

ピカチュウ: Amazon楽天ブックス
イーブイ:Amazon楽天ブックス
 

また、以下記事にて、入荷/予約開始情報をリアルタイムで更新中。

スマッシュブラザーズスペシャルセット予約・入荷速報

ポケモンレッツゴー ピカチュウセット&イーブイセット予約・入荷速報

 

スポンサーリンク






スポンサーリンク

スポンサーリンク



スポンサーリンク

コメントを残す




CAPTCHA