【ショップ別】スイッチを定価で買う方法~再販時のエラーの対処方法と入荷日の傾向まとめ~

スイッチを定価購入するために、各ショップごとの

  • スイッチ入荷日の法則
  • 入荷時に発生するエラーを突破する方法

をまとめました。

知っていると、定価購入できる確率が上がると思うので、スイッチを定価で買いたいと考えているかたは、頭の片隅に置いておいて頂けますと幸いです。

現状、スイッチの定価販売で入荷~在庫切れまで10分程度保つ可能性があるのは、amazon・楽天ブックス・オムニ7(7ネット・イトーヨーカドー)のいずれかしかありません。

他のショップでも入荷直後にアクセスすれば買えないことはないですが、確率が高いのはこの3店なので、この記事ではこの3つのショップに絞って解説します。

紹介するのは、あくまでも『定価購入できる確率を少し上げる』方法です。紹介する方法を使ったからと言って、確実に買えるわけではありません。

『定価の入荷を通知』はTwitterアカウント『スイッチ入荷速報』で行っています。この記事で書いているのは、その入荷通知を受けてからの競争に勝つための方法です。

入荷通知を利用していない場合、まず競争の土俵に上がれていない状態なので、先にアカウントフォロー&通知をONにしておいてください(※)。

※フォロー後、画像の箇所をタップする事で通知をONにできます。

amazonでのスイッチ入荷日と定価で買う方法(エラー対策)

amazonはかなり規則正しい法則に従って入荷されています。また、在庫量もおそらく1番多いので、現状、最も定価で買える確率が高いショップです。

スイッチ入荷日

amazonでのスイッチ入荷日は毎週月曜・火曜日のいずれかの午前中です。特に6/23以降は、ほぼ確実に火曜日入荷です。

(参考)amazonでの過去の入荷日

5/18(月)、5/25(月)、6/3,4(水,木)※セット商品。入荷遅延発生、 6/23(火)、6/30(火) 、7/7(火)、7/14(火)、7/21(火)

 

8月補足

8月になり、土日も再販があるなど少し不定期になってきましたが、それでも毎週火曜日はまだ定期的に再販が実施されています。

入荷の法則

1度いずれかの種類のスイッチ本体の再販が始まると、その直後から、順次ほかの色・種類の再販も始まります。

たとえばスイッチ(ネオン)の再販が始まると、その後スイッチ(グレー)やスイッチライトの各色が定価販売を開始します。

このため、amazonは1度何らかの種類の定価販売があったら、「この後、別の色が入荷される可能性が高い」ことを読むことができます。

※実際、この14分後、スイッチライト(コーラル)とスイッチライト(ターコイズ)が入荷しました。

 

amazonでの再販時は、ある商品が在庫切れになっても『次はどの色が来るかな?』と別のページも探ってみると購入確率が上がるかと思います。

 

定価で買う確率をアップさせる方法(エラー突破方法)

ひとたびスイッチの定価販売が開始されると、アクセス集中によるエラー(503エラーなど)が発生しやすくなります。

※以下はエラーの一例です

ただ、『エラー=在庫切れ』ではありません。手続きを繰り返すことで突破できることがあります。

 

エラー例1:『ご迷惑をおかけします』エラー

amazonでは、このエラー画面が発生した際、ブラウザを『更新』して再度ページを読み込むことでエラーを突破できることがあります

カートに入れる、購入確定するなど手続きを進める度にエラーがでることがありますので、その度に『更新』をかけて手続きを少しずつ進めていくイメージです。

URLが全く別の『エラー専用のページ(503.html)』などにリダイレクトされるエラーの場合、『戻る⇒再度カートに入れる』とする必要があります。

ただ、amazon・楽天・オムニ7の場合、エラー専用ページへのリダイレクトはしないため、『更新』をかけるだけでOKです。

 

なお、『更新』をやみくもに連打するのではなく、再読み込みが完了して『エラーページ』が表示されたことを確認してから、再度『更新』をかけるようにしてください。

503エラーはサーバと何かの原因で通信失敗したときにでます。接続リクエストをamazonのサーバーに送って「接続できない」という返答をもらった状態です。

『読み込み中』になっている状態というのは、『サーバに受け入れられている途中』の可能性があります。

このため、ここで『更新』をかけてしまうと、せっかく相手サーバーに受け入れられていたのに、また始めから読み込みし直すことになってしまいます。

更新をかけるときには、きちんと読み込みが終わったのを確認してから再度トライするようにしてください。

 

エラー例2:『入手不可になりました』エラー

カートに入れたあとの手続き途中で起きるエラーです。

表示される文言から、『もう買えないのか…』と諦めてしまいがちですが、こちらのエラーでも、上記のエラー画面で何度か更新を繰り返すと、以下のように商品数量が0⇒1に代わり、手続きを進めることがあります。

『ご迷惑をおかけします』エラーよりも突破確率は低めですが、こちらが出てもブラウザ更新を何度かしてみてください。

 

どうしてもエラーを突破できない時は、バーチャルダッシュボタンに登録しておくのもおすすめです

バーチャルダッシュボタンというのは、Amazonプライム会員のサービスで、ボタンを2度押すだけで商品を注文することができるサービスです (詳細≫バーチャルダッシュについて)。

 

この機能を利用すると、購入時の手続きが少なくて済みます。

手続きの回数が少なくて済む=その分エラーに邪魔されにくく、定価購入しやすいです。

実際、この『バーチャルダッシュを使うことで買えた』というご報告も頂いています。

【8/3追記】バーチャルダッシュボタン紹介後、「使って買えた」というコメント頂きました。やはり有効性高そうです。

バーチャルダッシュボタンを使うには、商品画面の『カートに入れる』ボタンの下にある『バーチャルダッシュ』ボタンを押せばOKです。

バーチャルダッシュボタンの追加は、商品ごとに作成できますので、狙っているスイッチの種類を登録しておきましょう。

登録すれば、あとはスイッチが入荷したらボタンを連打すればOKです。

 

ただ、2点注意点があります。

 

【注1】バーチャルダッシュボタンに登録できるのはamazonで入荷がある時だけ

amazonにスイッチが入荷している時しかバーチャルダッシュボタンには登録できません。つまり、再販が行われているタイミングしか登録できません

そしてエラーが起きないタイミングなら、バーチャルダッシュを使わず普通に買った方が早いです。

このため、バーチャルダッシュボタンを登録するなら、『amazon販売のカートが出ているけど、エラーが出すぎてもう買えない』という時です。

バーチャルダッシュの登録は、amazon販売のカートが出ていればできるので、上記の様な「エラーまみれでもう無理」という時にとりあえずバーチャルダッシュの登録だけ済ませておいて、次の入荷のタイミングに備えておく使い方がおすすめです。

 

【注2】バーチャルダッシュボタンはプライム会員にならないと利用できない

バーチャルダッシュボタンはAmazonプライム会員の専用サービスです。

すでにAmazonプライム会員の方は良いのですが、そうでない方は、プライム会員になる必要があります。

料金

【学生以外】Amazon Prime会員
⇒年間4900円もしくは月額500円

【学生】Prime Student
⇒年間2450円もしくは月額250円

 

Amazonプライム会員は初回30日間無料(Prime Studentは6ヶ月無料)です。

無料期間内に解約した場合は料金は一切発生しません。せっかくならプライム会員の特典の

  • プライムビデオ(映画見放題サービス)
  • プライムミュージック(聴き放題)

といったサービスを無料期間にがっつり利用頂ければと思うのですが、スイッチを購入するためだけに利用しても一応大丈夫です(スイッチのためだけに利用される場合は、無料期間中に解約手続きお忘れなく)。

バーチャルダッシュを利用するつもりなら、いまのうちにプライム会員登録を済ませておいて下さい。再販時に会員登録していては、さすがに間に合いませんので。

amazonでスイッチを定価で買う方法まとめ

  • 火曜日の午前中が入荷確率高い
  • ほぼ全種類を順次入荷
  • エラー=在庫切れではありません。ページ更新でエラー突破できることあり
  • どうしてもエラーで買えないときはバーチャルダッシュに登録して次に備える

 

楽天でのスイッチ入荷日と定価で買う方法(エラー対策)

楽天も、ある程度規則に従って入荷されます。また、在庫量もamazonに次いで多いかと思います(とはいえ10分以上保つことはあまりありません)。

 

スイッチ入荷日

楽天でのスイッチ入荷日は平日の10時~17時です。

 

(参考)楽天での過去の入荷日(抜粋)

6/29(月)、6/30(火)、7/1(水)、7/2(木)、7/3(金)、7/7(火)、7/8(水)、7/9(木)、7/10(金)

 

入荷の法則

週の中で1日でも入荷があれば、それに続く平日は毎日スイッチ本体もしくはリングフィットアドベンチャーの入荷があります

たとえば月曜日に入荷があれば、その週は火曜~金曜まで毎日入荷が続きます(逆に言うと、月曜・火曜などは入荷がない週もあります)。

7/30(木)はこの法則から外れていました(7/39,7/31は入荷ありだけど、この日だけ入荷なし)。

とはいえ、2ヶ月で法則から外れたのは1回だけなので、信憑性はそれなりにある法則だと思います。

 

■入荷のタイミングは1日1回です。

ほぼ同じ時間帯に複数種類入荷することはありますが、たとえば『10時に入荷があり、次に11時にも入荷がある』というように時間があいて1日に2回入荷することは過去2ヶ月起きていません。

 

同じ商品の入荷は週に1回のみです。

たとえば、月曜日にスイッチ(ネオン)が入荷した場合、その週の他の日にスイッチ(ネオン)が入荷したことはありません。その週の火曜~金曜日はそれ以外の商品(スイッチ(グレー)やスイッチライト、あつ森セットなど)が入荷します。

 

■7月以降、週の始めはスイッチ(ネオン)の大量入荷の傾向あり

6月は違ったのですが、7月に入ってから、その週の1番始めの日はスイッチ(ネオン)が入荷し、かつ在庫も10分保つことが多くなりました。

 

定価で買う確率をアップさせる方法(エラー突破方法)

楽天もamazon同様、エラー画面で『更新』すると突破できることがあります。amazonはいくつかエラーの種類があるのですが、楽天の場合はほとんど以下のエラーです。

ツイートにも記載していますが、『戻る』を押すと再度やり直すことになるので、戻らずにエラー画面でそのままページを更新して下さい(更新時に、フォームの再送信のような文言がでるかと思います)。

 

楽天でスイッチを定価で買う方法まとめ

  • 平日の10~17時が入荷確率高い
  • 1回入荷があると、その週の平日は毎日入荷
  • 週の前半のスイッチ(ネオン)は大量入荷の可能性高し
  • 入荷は1日1回
  • エラー=在庫切れではありません。ページ更新でエラー突破できることあり

 

オムニ7(7ネット・イトーヨーカドー)でのスイッチ入荷日と定価で買うための方法

オムニ7(7net・イトーヨーカドー)はここ最近入荷が少なく、あまり期待値は高くありません

ただ、1度入荷するとそれなりの量があるので、amazonや楽天には劣りますが、他のショップに比べればまだ買える可能性は高いです。

 

スイッチ入荷日

オムニ7でのスイッチ入荷は平日の13時~15時台でした。

ただ、最近オムニ7は入荷があまりなく、サンプルとなるデータが少ないため、法則があまり当てにならないかもしれません。あくまでも参考程度に捉えて頂ければと思います。

(参考)イトーヨーカドーでの過去の入荷日

6/19(金)、6/30(火)、7/2(木)など

※7netはここ1ヶ月入荷なし

 

入荷の法則

上記の通り、サンプルが少なく法則は不明です。

ただ、深夜や土日・祝日の入荷はなさそうです。

 

定価で買う確率をアップさせる方法(エラー突破方法)

オムニ7もエラーを突破する方法が『更新』することというのは一緒です。

 

ただ、オムニ7は、どうやら『カートに入れる』ことが成功していたら、商品ページから『カートに入れる』ボタンがなくなっても買えることがあります

過去に頂いた購入報告では、商品ページから『カートに入れる』ボタンがなくなって5時間後などに買えたかたもいらっしゃいます

■7/2 13時台のスイッチ入荷時に頂いた報告の一部

 

さすがに5時間後などは超レアケースだと思いますが、オムニ7の場合、

  • 『カートに入れる』ボタンがなくなった後は、カートに入っている人同士での競争
  • カートに入った時点で在庫確保済み

のような仕様があるのかもしれません。

カートにさえ入っていれば、楽天やamazonでは考えられないくらい後からでも買えることもあるので、カートに残っているかたはカートから商品を消さずに粘ってみると良いかと思います。

 

オムニ7でスイッチを定価で買う方法まとめ

  • 最近は入荷少なめ
  • カートに入ればチャンス。エラーが出てもカートから削除せずに、あとからトライすれば買えることあり

 

 

【スイッチを定価で買いたい方向け】よくある質問

ブラウザとアプリどちらが買いやすい?

不明です。

ただ、どちらでも購入のご報告は頂いているので、『ブラウザじゃないとダメ』『アプリじゃないとダメ』ということはなさそうです。

楽天アプリは更新ができないorしにくいので、ブラウザのほうがいいと思います。

 

PCとスマホどちらが買いやすい?

回線や操作性で言えばPCのほうが買いやすいと思います(F5キーを押せばページ更新できますので)。

また、「スマホではエラーが多かったが、PCだとすんなり買えた」というご報告も頂いているので、PCが使える環境なら、PCのほうがおすすめです。

スマホでは買えないというわけではありません。どちらでも購入の報告は頂いています。

 

ページ更新ってどうやるの?

PCなら『F5』キーやブラウザにある『更新』ボタンを押せばOKです。

スマホ・タブレットは機種・OSによりますが、『ページを下に引っ張る』『ブラウザ右上の『…』を押して出てくる更新ボタンを押す』などで更新出来ます。

 

エラーを突破したかどうか、早めにわかる方法ってある?

検証した限りで言うと、エラー画面が表示される時よりも、エラーを突破して通常のページが表示されるときのほうが読み込み時間が長いです。

必ずしも読み込みが短い=エラーというわけではありませんが、読み込みが長いときは、正常にデータを受け取って通常のページを表示しようとしている可能性があるので、『更新』を押さず、ページが表示されるまで待機してみてください。

どの画面まで行けば注文確定?

ショップによりますが、

  • 『注文確定』メールが来る
  • 購入履歴にスイッチが載っている

状態になれば、間違いなく買えています。

 

事前にやっておいたほうが良いことある?

会員登録及びログインは済ませておいてください。

再販時はアクセス負荷でエラーまみれになるため、『いかに少ない手順で注文確定まで行くか』が重要です。事前にできることは全て事前に終わらせておいて下さい(住所登録・クレジットカード登録など)。

amazon・楽天は他ショップに比べて購入確率が高いので、amazon・楽天だけでも事前ログインしておくと良いかと思います。

店頭だとどこでスイッチを定価販売している?

イトーヨーカドー、ヤマダ電気はわりと店舗への入荷があると耳にします(特にヤマダ電機は、ここ数ヶ月ネットで一切スイッチを売っていないので、全部店頭に回しているのかもしれません)。

また、ドンキやビックカメラで買えたというご報告も頂いています。

エディオンは、店舗ごとに抽選を行っているところもあるようです(抽選・入荷の有無は電話で聞けたとのことです)。

現在ネットで開催中の抽選はスイッチ抽選情報一覧でご確認ください。

 

休日や祝日にスイッチ入荷するネットショップはある?

TSUTAYAなどは、平日・休日、時間帯に関係なくスイッチを入荷します(祝日の午前1:00頃に入荷したこともありました)。

また、amazonアウトレットも平日・休日、時間帯に関係なくスイッチを入荷します。

amazonアウトレットとは、Amazon.co.jpが配送する商品のうち、倉庫内で梱包に傷を負った商品またはお客様から返品されたものであり、Amazon.co.jp の厳密な基準により商品の状態が良いと判断されたものを「アウトレット品」(画面表記上は「中古品」と表示されます)という扱いで、販売するストア です。

amazonアウトレット公式サイトより引用

ただ、amazon・楽天・7ネット以外のショップは在庫が多くないようで、1分以内になくなることも多々あります。

このため、休日・祝日や平日の18時以降に入荷するショップもあるにはありますが、買える確率はamazonや楽天などと比べると低くなります。

スイッチを定価で買う方法まとめ

最近、「スイッチ本体やリングフィットアドベンチャーの抽選に当選した」との声が明らかに増えてきています。

また、スイッチ入荷時の『在庫あり』の時間も段々長くなってきています。

このため、スイッチが定価で普通に買えるようになるのもそう遠くないと私は考えています。

今週も楽天・amazonでのスイッチ入荷があると思いますので、その際に、今回ご紹介した内容がお役に立てば幸いです。

今週、楽天でお買い物マラソン開催しています(8/8まで)。

楽天で買うつもりのかたは、事前にエントリーお忘れなく。エントリーしないとスイッチ購入時にポイントアップ分がもらえないので。

amazon・楽天への事前ログインや、必要に応じてバーチャルダッシュのための事前準備(プライム会員登録)などもお忘れなく。

■関連記事

定価販売を自動検知|ニンテンドースイッチ本体の再販・入荷速報_ゲオなど
【定価での再販売を検知したら自動更新】ニンテンドースイッチ本体の新品/中古価格と最安値を比較しています。在庫・再販情報も随時更新。調査対象:Amazon/楽天/ゲオ/ブックオフなど

コメント