D2メガテン|女神転生シリーズを知らない無課金プレイヤーが遊んだ感想・評価

※本記事は、無課金でD2メガテンをプレイした『R』さんより当サイトに寄稿頂いた記事です。

D2メガテン(D×2 真・女神転生リベレーション)は、『真・女神転生』の世界観をスマートフォン用に最適化した完全新作RPGだ。

メガテンシリーズはアトラスの代表的なRPGシリーズで、家庭用ゲーム機や携帯用ゲーム機向けに数多くのタイトルが発売されている。

以前から興味はあったが、シリーズを通してプレイしていなければ十分に楽しめないのではないかという懸念があったため、プレイしたことはなかった。

 

しかし、今回はスマートフォンで手軽にプレイできるということで、メガテンシリーズをプレイするいいきっかけになった。

 

本作を遊んでみて率直な感想は、「スマートフォンでこんなに高いクオリティーのRPGゲームを遊べるのか」である。

特に、戦略的なバトルシステムとゲーム内で登場するさまざまな種類の悪魔の育成がハマったポイントだ。また、メガテンシリーズをプレイしたことがなくてもストーリー上の繋がりは感じられなかったため、十分に楽しむことができた。

 

この記事では、実際に遊んでみた感想を踏まえてD2メガテン(D×2 真・女神転生リベレーション)の魅力を伝えていきたいと思う。

D×2 真・女神転生 リベレーション

D×2 真・女神転生 リベレーション
開発元:SEGA CORPORATION
無料
posted withアプリーチ

メガテンシリーズではおなじみのプレスターンバトル。弱点や会心を出すことでダメージを受けずに攻撃できる!

D2メガテンでは、シリーズではおなじみとなる『プレスターンバトル』が採用されている。初めは複雑そうに見えたが、チュートリアルがしっかり組まれているので、数回繰り返すうちにだんだんと理解することができた。

 

D2メガテンのバトルの要点をわかりやすくまとめると以下の通りだ。

  1. パーティーの人数分行動できる。
  2. 味方と敵のターンを交互に繰り返す。
  3. 行動時はアイコンを消費する。行動の結果によってアイコン消費量が変化する。
  4. アイコンを全て消費するとターン終了。
  5. 敵の弱点を突いたり、会心攻撃をすることでアイコン≒行動回数が増える。

 

中でも5つ目がポイントで、弱点や会心攻撃を連続で当てることができれば、どんなに強い敵でもダメージを受けずに攻撃することが可能になる。これがとても爽快だ。

でも、お互いの属性の相性が悪ければ、攻撃を吸収されたり反射されてしまうことがある。そうなると強制的にターン終了になり相手のターンになってしまう。

できるだけ弱点や会心を繰り返すことができれば戦況は優位に進められるし、逆に敵に弱点や会心攻撃を受けると一気に戦況が不利になることもある。この戦略性豊かで緊張感あふれるバトルシステムがD2メガテンにハマった1番大きな理由だ!

 

敵が強く勝てない……そんな時は、便利なAutoモードと早送りでさくさくレベル上げ!

スマートフォンアプリのゲームではさくさくストーリーを進められるというのが個人的な印象だったが、このD2メガテンは違った。ストーリーの序盤からボスが強くて行き詰まることが何度もあった。

RPGゲームではおなじみのレベル上げをしようと思ったが、クリアしたステージを何度も繰り返すのは正直しんどい。
そんな時に便利だったのがD2メガテンのAutoモードゲームスピードの早送りだ。画像右上の2つをタップすることでバトル中に自由に切り替えができる。

D2メガテンでは、今までにクリアしたステージではAutoと早送りでさくさくレベル上げをして、新しいステージでは通常モードに戻して戦略的に攻略することができた。

 

『交渉』で悪魔を仲間に!戦闘だけじゃないD2メガテンのバトルの楽しみ

D2メガテンのバトル中でもう1つの楽しみが『交渉』というシステムだ。

これはバトル中稀に敵の悪魔の上に『TALK!』のアイコンが表示されると行うことができ、敵の悪魔の投げかけに対して、いくつかの選択肢の中から興味や共感を引き出す回答をすることで仲間にできるというシステムである。

悪魔のタイプによってさまざまな会話ができるので、通常の戦闘とはまた違った楽しみ方がある。

むしろバトル開始時にはアイコンが出ていないか確認することが楽しみだった。

なお、うっかりAutoモードでプレイしていて、アイコンが出ている敵をうっかり倒してしまうこともあるため、注意が必要だ。

 

高品質なCGで描かれた悪魔をコレクション!D2メガテンは、眺めているだけでも楽しい!

ゲーム内で登場する悪魔は全て3D化されている。

現実世界に召喚された悪魔というコンセプトで、物理シューダーによって質感までこだわっているためリアリティ溢れるキャラクターデザインだ。悪魔の種類も豊富でステータスの強さに関係なく美しい悪魔CGを『見て』楽しむことができる。

またそれぞれの悪魔には説明がついていて、見た目だけなく細かいところまで作り込まれている点でも楽しむことができた。

 

新しい悪魔はガチャと悪魔合体で入手。無課金なら悪魔合体が主流!

悪魔を手にいれる方法は『交渉』以外にもいくつか方法がある。

こういったソーシャルゲームでは『ガチャ』の要素も当然あるが、無課金ユーザーにとってはガチャを回すためのジェムがなかなか手に入らないため、『悪魔合体』が主流になる。

『ガチャ』に関しては一般的なソーシャルゲームよりも辛口なイメージ(最高レアである星5の排出率は僅か0.5%)。ログインボーナスやストーリーを進めてコツコツ貯めたジェムを使ってもなかなか欲しい悪魔は手に入らなかった。

 

その代わりに『悪魔合体』のシステムは新鮮だった。二身合体多身合体に分かれていて手持ちの悪魔を素材にして全く別の悪魔を入手できる方法だ。

ガチャで出たレアリティーの低い悪魔でも合体することによって強い悪魔を手にいれることができる。それぞれの特徴は下の通りだ。

二身合体の特徴
  • 2体の悪魔を素材にして入手。
  • 素材にした悪魔のタイプによって誕生する悪魔にはさまざまな種類がいる。
多身合体の特徴
  • 3体以上の悪魔を素材にして入手。
  • 指定された悪魔を素材にするため誕生する悪魔が限定される。

 

この合体のシステムによって、『ガチャ』の結果にこだわなくても常に新しい悪魔を手にいれるチャンスがある点がとてもよかった。

無課金プレイヤーにとっては嬉しいシステムだ。

 

ただし、より高いレアリティーの悪魔を手にいれるためにはプレイヤー自身のランクを上げていく必要がある。
もどかしく感じる部分ではあるが、ストーリーを進めていく以外にもランク上げという目標ができて飽きがこない仕様になっている。

 

戦略性が高いゲームが好きな人にオススメ!メガテンシリーズをプレイするきっかけにもなる!

今回はメガテンシリーズを知らないプレイヤーが遊んでみたということで、D2メガテンを紹介した。

ストーリーを進めていく上で行き詰まることも多く、その度に敵との相性を考えたり、悪魔合体をしたりして戦略を立てることが面白かった。戦略性が高いゲームが好きな人にはオススメだ。

また、メガテンシリーズをプレイするいいきっかけにもなった。世界観やシステムなどシリーズ通しておなじみの要素があるため、これを機に他の作品もプレイしてみようと思う。

D×2 真・女神転生 リベレーション

D×2 真・女神転生 リベレーション
開発元:SEGA CORPORATION
無料
posted withアプリーチ

 

※ゲームシステムなど詳しく知りたい方は、D2メガテンのレビュー記事もどうぞ(別サイトです)。

コメントを残す




CAPTCHA