Amazonプライムデーで、PS4・スイッチ関連商品がセール対象に!話題のスマブラSPやポケモンレッツゴーも対象(期限:7/17)。

>>スイッチ特設ページ
>>TVゲーム特設ページ

これぞ神ゲー!スイッチのおすすめRPG、ゼノブレイド2の感想を語る

©Nintendo / MONOLITHSOFT

本記事では、ゼノブレイド2を全クリしたNさんから、本サイトに寄稿頂いた感想をご紹介する。良いところだけでなく、微妙だった点についても書いていただいたので、ゼノブレイド2をプレイした人の率直な感想を知りたい方は、参考にしてみてほしい。

スポンサーリンク




ゼノブレイド2は、新しいのどこか懐かしい……アニメの世界を遊ぶ

昨年末(2017/12/1)に発売されたゼノブレイド2。筆者は大変楽しく遊ぶことができました。本稿ではその感想を記させて頂きます!

ゼノブレイド2の魅力は、王道アニメの世界がゲーム内に美しく再現されていて、その世界の中を自由に遊べることです。フィールドや街は、ニンテンドースイッチの画像表示性能をフルに使っているのではないかというほどの美麗なグラフィックで再現されています。

その中をキャラクター達が活き活きと動き回り、プレイヤー自身が冒険物語を作り出します。そのストーリーも、少年と少女が楽園を目指すという、かのラピュタ等にも通ずるまさに王道ものでありで、期待を裏切らない内容です。

また、ゲームシステムにおいても、ブレイドというランダムで加入する仲間(正確には、主人公や仲間のパートナー)のシステムや、サブイベントのシステムなど、やり応え十分でした!

 

ニンテンドースイッチで作られた美しい新生ゼノブレイドの世界

ゼノブレイド2をプレイして最初に楽しいと感じたのは、冒険のメインとなる野外フィールドのグラフィックを観た時でした!

野外フィールドに出るまでゲーム開始から1~2時間程度の時間がかかり、それまでは街中や建物の中が物語の舞台となります。勿論、そのグラフィックも綺麗なのですが……他の良質なゲームと同程度だな、といった感じでした。グラフィックが綺麗だな、作り込まれているな、と思ったのは野外フィールドに出た時でした。

初めての野外フィールドは森林で、森の木々に絡まる蔦や木の実までとても丁寧に作り込まれていました。その森を抜けると草原のフィールドに出ますが、草原と海(ゼノブレイド2は海の代わりに雲海が広がっているので、正確には雲海)が、美しく表現されています。

ゼノブレイドシリーズでは、よく作り込まれた冒険フィールドを歩き回り、アイテムを集めたり、戦いたいモンスター(襲ってくるモンスターもいますが)とシームレスに戦うことができます。ゼノブレイド2でもそれはしっかりと受け継がれていて、ゲームの世界を自由に冒険している気分を味わえます。

 

活き活きと動き回るゼノブレイド2の登場人物達

ゼノブレイド2をしばらくプレイし続けて仲間が増えると、登場人物であるキャラクター達がいろいろな事を喋ったり、動き回ったりしていることに気づきました。戦闘中においてはもちろんのこと、野外フィールドの探索中においてもです。

ゲームの中では朝、昼、夜などの時間帯が、プレイ時間の経過に合わせて変化していくのですが、その時間経過で喋り始めたり、おもむろに虫をパチンと手で叩いたり、ボヤいたりします。会話データやアクションは豊富にあり、ゲームをプレイするのではなく、観ているだけでも面白いと感じます。

例えば、ゼノブレイド2には、レアブレイドと呼ばれるランダムで加入するレアな仲間が十数体がいるのですが、そのレアブレイドにまで、こうした会話等が設定されています。

※全レアブレイドを試したわけではありませんが、プレイでは『トキハ』と呼ばれるレアブレイドが他の仲間と会話するシーンを観ることができました。

 

また、キズナトークというシステムがありまして、フィールド上の特定の地点で会話イベントを発生させることができます。

会話には選択肢があり、選択次第でゲーム内のキャラクター同士の信頼度と呼ばれるステータスが変化します。

信頼度は、ゲーム中キャラクターの育成に関わる重要なパラメータであるため、重要なシステムとなっているのですが、キズナトークの内容もキャラクター達を掘り下げるとても楽しいものでした。

 

少年と少女が楽園を目指すという王道ストーリーが楽しい

ゼノブレイド2の魅力の一つに、期待を裏切らないストーリー展開が挙げられます!主人公レックスとヒロインのホムラとの出会いはプレイ開始後1~2時間後なのですが、そこからは、二人の楽園を目指す冒険譚と淡いラブストーリーが始まります。ストーリーの途中に含まれるコメディー的な表現も含めて、とても面白い内容でした。

 

正直なところ、レックスがホムラと一緒に冒険することを、なぜ固く決心しているのか、判りづらいところがあるな、と当初は感じていました。その描写が少ない、これはプレイしていて引っかかってしまうかもしれないと懸念していたのですが、その心配は無用でした。

ストーリーを進めていくうちに、レックスとホムラが絆を深めていく部分が細かく描かれているからです。その描写もさることながら、男性プレイヤー(男性に関わらずかもしれませんが)はホムラに少しづつ惹かれていき、レックスの心情を理解するようになるという仕掛けになっています。

この辺りのストーリー展開、表現が非常に巧く作られています。面白く先の気になる展開、だけど決して期待を裏切らないストーリーでした。

 

ボリューム、内容ともに充実したゲーム要素の強いゼノブレイド2のシステム

ゼノブレイド2が楽しいのは、やりごたえ十分なゲームシステムがあるからです!特に、ブレイド加入のシステムと、サブクエストのシステムが面白かったです。

 

プレイ毎に異なる攻略が求められるブレイド加入のシステム

ブレイドとは、前述の通りランダムに加入する仲間(正確には、主人公や仲間のパートナーで、装備や戦闘スタイルを決定する要素)です。この加入するブレイドがまったくのランダムであるため、ゲーム内での戦闘を有利にすすめるために、プレイ毎にあれこれ工夫をする楽しさがあります!

ブレイドの中でも特に強いレアブレイドと呼ばれるブレイドが仲間になった時の喜びは大きいです。また、レアブレイドを活かすには装備や、キャラクターの戦闘スキルをどうしたら良いか等、頭を悩ませるのがとても楽しかったです。

 

やり応え十分、豊富なサブイベント

ストーリーを楽しむだけなら、ゼノブレイド2はメインイベントのみをこなせば良い内容になっています。メインイベントの難易度は基本的にそれ程高くないのですが、サブイベントは手応え十分、良い意味で一癖ありました!

サブイベントは主にフィールド探索と戦闘で構成されています。特にフィールドをくまなく冒険しないとクリアできない、難解なものが多かったです。それだけに、クリアできた時の喜びはひとしおでした。

 

ゼノブレイド2は、アップデートでより遊びやすく、より楽しく

今回感想を書かせて頂きましたゼノブレイド2ですが、今後もシステム面やシナリオ追加等のアップデートが予定されています。システム面では、安定性の他にもミニマップを見やすくする等、遊びやすくするためのアップデートが行われました。また、ゲームクリア後の2週目以降のプレイでのみ追加される要素もあるとのことで、1度クリアした後の楽しみも用意されています。

ますます楽しくなるゼノブレイド2の世界。是非、ヒロインのホムラと一緒に冒険してみて下さい!

 

 

▼ゼノブレイド2の価格比較▼

 

▼ゼノブレイド2の評価・評判まとめ▼

 

スポンサーリンク





ゲーム関連のセール情報

7/13にスプラトゥーン2セット再販!

ニンテンドースイッチオンライン利用権(3ヶ月分)付き。欲しい方は、在庫が無くなる前にどうぞ。

 


Amazonプライムデー開催!限定特典付きのポケモンレッツゴーなども販売。

対象商品まとめ>>2018年_Amazonプライムデーのゲーム関連おすすめ目玉商品7つ

 


楽天でポイント最大42倍のお買い物マラソン実施中。7/21 1:59まで

 


7ネットで、最大6000円のnanacoポイントがもらえる 感謝祭「大満足フェア」開催中。 PS4Proやスイッチの スプラトゥーン2セットも対象。

スポンサーリンク






スポンサーリンク

スポンサーリンク



スポンサーリンク

コメントを残す




CAPTCHA