Amazonプライムデーで、PS4・スイッチ関連商品がセール対象に!話題のスマブラSPやポケモンレッツゴーも対象(期限:7/17)。

>>スイッチ特設ページ
>>TVゲーム特設ページ

過去作EDFIAを元に、EDF IR(IronRain)を評価・レビューする

©YUKE’S ©D3 PUBLISHER

地球防衛軍5(EDF5)がつい先日発売されてばかりだが、今度は海外版の地球防衛軍の最新作、EDF IRON RAIN(EDF IR)が2018年に発売される。

正直、まだ地球防衛軍5(EDF5)のやり込みも終わっていない段階ではあるが、こちらの『EDF IRONRAIN』も楽しみなので、

  • 今作の特徴はなにか
  • 過去の海外版EDFから考える、今作の期待できる点・不安な点

といったことを、地球防衛軍の過去作をほぼ全てプレイした立場から、評価・レビューしていく。まぁ、「不安はそこそこある」というのが今の率直な感想だ。買うけど。

スポンサーリンク




海外版・地球防衛軍!EDF IRONRAIN(EDF IR)の特徴5つ

©YUKE’S ©D3 PUBLISHER

今作『EDF IRONRAIN(アイロンレイン)』は、すでに敵=侵略者『アグレッサー』との戦いが始まって13年経ち、荒廃した地球が部隊だ。その中で主人公は、敵と戦う部隊の1人として戦う。

 

使える兵種は『トルーパー』と『ジェットリフター』の2種類

今作『EDF IRONRAIN (EDF IR)』で使える兵種は

  • トルーパー≒地球防衛軍5のレンジャー
  • ジェットリフター≒地球防衛軍5のウイングダイバー

の2つだ(それぞれの兵種で、男女どちらにするのかも選べるので、男女で性能差が出るのなら、4種類)。

トルーパー(日本版のレンジャー)

©YUKE’S ©D3 PUBLISHER

『トルーパー』も日本版の『レンジャー』と同じく、地上戦で戦う。レンジャー同様、

  • ダッシュ
  • 緊急回避(今作では『エナジームーブ』という名前)

もできる。ただ、今作『EDF IRONRAIN (EDF IR)』の緊急回避(エナジームーブ)は、一定時間内に使用できる回数が決まっており、その回数を超えると、チャージが完了するまで、緊急回避ができなくなっている。

 

ジェットリフター(日本版のウイングダイバー)

©YUKE’S ©D3 PUBLISHER

『ジェットリフター』は日本版でいう『ウイングダイバー』に似ている。ただ、ウイングダイバーと異なり、

  • 一瞬加速する『ブースト』はない
  • 武器のチャージに、空を飛ぶためのエネルギーは使わない

といった特徴がある。地球防衛軍5のウイングダイバーでは、新しく『ブースト』という、ウイングダイバー版の緊急回避のようなアクションが追加された。でも、それが『ジェットリフター』にはない。

また、ウイングダイバーは、武器の弾丸を撃ち尽くした際、その弾丸のチャージに、空を飛ぶためのエネルギーを利用していた。これは、ウイングダイバーの武器が、実弾ではなく、『エネルギー』を消費して攻撃するモノだったからだ。

でも、『ジェットリフター』の武器は、(現在公開されている限り)、アサルトライフルと言った、実弾を使う武器だ。このため、武器のチャージにエネルギーは使わない。

ブーストはないものの、武器のチャージにエネルギーを使わないので、『ウイングダイバー』より『ジェットリフター』は立ち回り安いかもしれない。

 

日本版地球防衛軍との大きな違い:装備アイテムで体力回復!オーバードライブで強化!

©YUKE’S ©D3 PUBLISHER

『EDF IRONRAIN (EDF IR)』では、ステージに挑む前の装備画面で、アイテムを装備できる。そして、ステージでの体力回復は、コレを使うことで行う。

日本版の地球防衛軍のように『敵を倒したら回復アイテムを落とす』というシステムではないようだ。

 

また、もう1つ日本版地球防衛軍にないシステムが『EDF IRONRAIN (EDF IR)』にはある。それが『オーバードライブ』だ。

©YUKE’S ©D3 PUBLISHER

オーバードライブは、1つのステージにつき1回しか使用できないが、

  • 高速射撃
  • 高速移動
  • 緊急回避(エナジームーブ)

が無限にできるようになる。敵が大量に出現するタイミングや、大型の敵が現れるタイミング、敵の巣を破壊する際に使っていきたい。

 

敵はやっぱり虫と侵略者。ただ、侵略者は『アメリカ映画』のようなデザイン

今作『EDF IRONRAIN (EDF IR)』でも、敵は地球防衛軍伝統の敵、虫と侵略者だ。ただ、侵略者は、日本の地球防衛軍と異なり、アメリカ映画に出てくるエイリアンのようなデザインとなっている。

▼謎の巨大生物・シディロス。スタイリッシュな見ためだ▼

©YUKE’S ©D3 PUBLISHER

 

過去作の海外版地球防衛軍EDF IAから考える、EDF IRの期待できる点・不安な点

次に、過去に発売された海外版の地球防衛軍『EARTH DEFENSE FORCE: INSECT ARMAGEDDON(EDF IA)』から考えられる、今作のプラスの点・マイナスの点について紹介する。

 

海外版地球防衛軍・EDF IRの期待できる点3つ

©YUKE’S ©D3 PUBLISHER

海外版と言っても、やはり地球防衛軍!爽快!楽しい!

前作『EDF IA』もそうだったのだが、海外版とはいっても、やはり地球防衛軍。敵を倒す爽快感や、頭を使って難関を突破するやりがいは変わらない。

ゲームプレイ自体は、間違いなく良いものになると思う。

 

海外の地球防衛軍は、隊員同士の掛け合いが、陽気で楽しい

日本の地球防衛軍の隊員と言えば、

  • 「うぉぉぉぉーーーー!」
  • 「EDF!EDF!」

といった激しい台詞・やり取りが熱い。聞いているだけで、こっちのテンションもあがってくる。

 

一方、海外のEDFでは、熱い台詞はそんなにない。ただ、海外の会話には

  • 会話の間に挟まれるユーモア
  • 小粋なジョーク

といった、日本版にはない掛け合いも見られる。熱くはないが、陽気でクールだ。日本版も海外版も、隊員達の掛け合いはどちらもよいが、海外版のほうは、聞いていて楽しくなってくる。

 

サバイバルモードが導入されれば、くっそ盛り上がる!

※画像はEDF IAのもの。

そして、個人的に1番海外のEDFに期待しているのが、コレ。オンラインで仲間と組んで、襲い来る敵をどこまで倒せるか、というサバイバルモード。過去作の『EDF IA』では、『WAVEいくつまでいけるか』と、くっそ盛り上がった。

今作、EDF IRで実装されるかはまだ未定だが、『EDF IA』で好評だったし、今作でも導入されるんじゃないかと期待している。

 

海外版地球防衛軍・EDF IRの不安な点

©YUKE’S ©D3 PUBLISHER

続いて、EDF IRの不安な点≒過去作『EDF IA』であった不満点だ。

 

1ステージが長いので、高難易度でのトライ&エラーがつらい

EDF IRの1つ目の不安な点は、ステージの長さだ。過去作『EDF IA』では、とにかく1ステージが長くてつらかった。

 

そもそも、地球防衛軍シリーズは、最高難易度『INFERNO』にすると、『マゾゲー』に属するレベルで難しくなる。だから、1ステージで何度もゲームオーバーになるのが前提だ。

もちろん、日本版地球防衛軍でも、やり直しはそれなりにつらい。ただ、終盤以外のステージは、そこまで1つずつの長さが長くないので、なんとかなる。

でも一方、海外のEDFは1ステージが長かった。このため、日本版にも増してやり直しがつらかった。今作『EDF IR』では、ここは改善しておいて欲しい。

 

ボリュームが少ない&ストーリーが中途半端に終わる懸念あり

もう1つの不満点は、ステージの数が少なかったことだ。海外のEDFは、1ステージは長いが、ステージの数はあまり多くなかった。……というより、日本版の地球防衛軍のとんでもない大ボリュームと比較してしまうせいもあるけど、正直、少ないと感じた。

また、そのステージが少ないこともあり、ストーリーもかなり短かった。ラストも、かなり中途半端だ(敵のボスがでて、「さぁ、戦いはこれからだ!」というところで終了)。正直、これにはかなり不満が残った。

 

EDF IRまとめ:開発会社が変わったので、前作EDF IAのような半端な状態にはならないと信じたい

©YUKE’S ©D3 PUBLISHER
というわけで、今回は、EDF IRON RAIN(EDFIR)について、

  • 特徴
  • 期待している点
  • 不安な点

を紹介した。

ストーリーには不安が残る。ただ、今作『EDFIR』の制作会社は、『EDF IA』と異なる(EDF IRの制作会社:YUKE’S、 EDF IAの制作会社:Vicious Cycle Software)。

制作会社が変わったため、今作は、前作のように中途半端な状態でエンディングを迎えないはず!ボリュームも、日本版に準拠して、増えるはず!

……まぁ、地球防衛軍5もきっちり名作だったので、なんだかんだ今作も大丈夫なんじゃないだろうか。買って損はしないだろう。特に、サバイバルモードが実装されれば、おれは間違いなく買う。過去作の『EDF IA』でもめちゃくちゃ盛り上がったので。

 

 

スポンサーリンク





ゲーム関連のセール情報

7/13にスプラトゥーン2セット再販!

ニンテンドースイッチオンライン利用権(3ヶ月分)付き。欲しい方は、在庫が無くなる前にどうぞ。

 


Amazonプライムデー開催!限定特典付きのポケモンレッツゴーなども販売。

対象商品まとめ>>2018年_Amazonプライムデーのゲーム関連おすすめ目玉商品7つ

 


楽天でポイント最大42倍のお買い物マラソン実施中。7/21 1:59まで

 


7ネットで、最大6000円のnanacoポイントがもらえる 感謝祭「大満足フェア」開催中。 PS4Proやスイッチの スプラトゥーン2セットも対象。

スポンサーリンク






スポンサーリンク

スポンサーリンク



スポンサーリンク

コメントを残す




CAPTCHA