失敗体験談_新築マンションへ引っ越す時にネット開通が遅くて損した話

俺は1ヶ月ちょっと前に新築に引っ越しをした。

引っ越し前、なにかとドタバタしていたので、ネット回線・通信環境は引っ越した後、落ち着いてからスマホで申し込もうと思っていた。

だが、正直これは失敗だった。

この『ネットは引っ越しが落ち着いてから、あとで申し込もう』という判断のせいでおれは先月1万円以上損をした

今月も費用はかさむので、たぶん合計2万円前後損をしていると思う。

今回は、自分への戒めも含めて、おれが引っ越しの時に失敗した固定のネット環境整備の体験談について『俺の失敗』『どうすればよかったか』『光回線が数週間以上開通しないときの対策』の順番でまとめる。

 

スポンサーリンク




俺の失敗 光回線の開通にかかる時間を甘く見ていた

新築マンションへの引っ越し前の話

光回線設備のないマンションでもフレッツ光に入れることもある

俺も引っ越し前、まったくなにも考えていなかったわけではなかった。

新築のマンションで、光回線の入っていないマンションと聞いていたので、2つのことを管理会社と固定の通信回線の会社(NTTぷららとか)に確認した。


■確認したこと

【管理会社】

入居後に光回線を俺個人で引いていいか?

→(回答)費用は俺持ちになるが、OK.

 

【ネット回線の会社】

新築のマンションに今度引っ越すのだが、現在光設備がない。フレッツ光やコラボ光(ドコモ光やau光のこと)を契約できるか?

また工事費はどれくらいになるか?家を傷つける心配などはないか?

→(回答)光回線の設備がなくても契約できるが、マンションタイプの料金ではなく、割高なホームタイプの料金になる。

また、工事費と、家にキズがつく可能性については、実際現地で見積もりを出してからになる。ただ、基本的には数万円、かつキズをつけることはないと思う。


 

これらの回答を持って「じゃあ、引っ越してから申し込むかー、1週間ちょいくらいで開通するだろ」と俺は考えた。

あほだった。

 

新築マンションへの引っ越し後の話

新築マンションで光回線の開通までにかかる時間の見積もりが甘かった

マンションへ引っ越して、固定の通信回線の会社に開通の依頼をして驚いた。

 

開通どころか、見積もりまでに最低1ヶ月かかると言われた。開通はそこからさらに数週間だ。

 

完全に計算違いだ。

なぜこんなに時間がかかるかというと、新築の場合、まずそもそも家の住所がNTTに登録されていないからだそうだ。

これは固定回線開通の流れに関係している。


■新築の場合の固定回線(フレッツ光やau光とか)開通の流れ

  1. NTTに家の住所が登録される(新築でなければココは完了しているのでいらない)
  2. NTTでの登録住所をもとに通信回線の会社が光回線網の範囲かを確認。
  3. 工事日・見積もりの日を決定。依頼人(この場合、おれ)に連絡。
  4. 現地で見積もりを算出。工事図面を起こす。
  5. 見積もりをもとに工事するかどうか判断して依頼。
  6. 工事(固定のネット回線開通)

この流れの1番が完了しないと、他の部分は動きようがない。うちの場合、ここが完了していなかった。これは新築ならではだ。

さらに間の悪いことに、引っ越しシーズンはネットの申し込みも立て込むので、住所登録~見積もりの連絡までの時間も長くなる。

 

こうして俺は、固定の通信回線なしでしばらく過ごすことになった。ただ、俺は家のPCをつかって仕事もしている。そのPCがネットに繋がらないというのはありえない。

迷ったが、1ヶ月くらいならスマホのテザリング機能を使ってスマホをWiFi化すれば乗り切れるだろうと判断した。10G以上のかなり大きめのデータプランを契約していたのが判断根拠だ。

しかし、これが2つめの判断ミスである。結果から言うと、全然ムリだった。

 

テザリング×PCで使うデータ通信量の見積もりが甘かった

これまでおれは、固定回線でデータ無制限の状態でしかPCでのネット利用はしてこなかった。今回のようなPC×スマホのテザリング機能での利用は、せいぜいが新幹線とかの移動の時くらいの利用だった。

このため、PCで使うデータ量を「まあ、いっても1日300M。300M×30日=9G。動画の再生さえ気をつければなんとかなるだろう」と考えていた。だが、これが大間違い。

PCで1日ネットを使うと、1Gはゆうに越えた。

各サイト・ページで配信されるデータ量がスマホよりも圧倒的に大きかった。動画を再生しなくても、各ページに埋め込まれた動画が自動で再生してくる。動画が自動再生されるページを開いたら、速攻閉じていたのだが、それでもデータ量は想定よりだいぶ大きかった。

当初1ヶ月もつだろうと思っていたおれのスマホのデータプランは半月もたずにデータ量を超過した。

 

速度制限の嵐と追加データ量1万円越え

データ量を超過した俺のスマホは128kの速度制限がかかった。速度制限がかかると、Yahooのトップページを開くのにも5分くらいかかる。仕事にならない。

泣く泣くおれは、制限がかかるたびに追加料金を払った。ほぼ毎日追加していたのではないだろうか?

 

結局、データ量は10G以上追加。料金にして1万円以上を追加で払った。

高い勉強費だった。

 

通信料金を高くしないためにはどうすればよかったか

引っ越す前に固定回線の手配をする

引っ越した後に固定回線の手配をしたのが全ての間違いだった。

『固定回線は開通まで時間がかかる』と心得て、引っ越す先が決まったら何よりも先に固定回線の手配をすべきだった。

まあ、それでも今回のような新築の場合、数週間は使えない期間がでると思うが、その期間が短くなるのは大きい。

 

回線開通までの目安を知っておく

次に大事なことが、回線開通までのだいたいの日数の目安を知っておくことだ。

おれは勝手に1週間くらいだろうと推測して今回失敗した。回線の開通までにかかる時間は手続きの時期によってかなりまちまちなので、直接聞いておいた方がよい。

特に、引っ越しが立て込む3,4月は回線開通までかなり時間がいるので聞いたほうがいい。オペレーターは開通時期をあまりはっきりとは言ってくれないが、「だいたい1ヶ月ちょっと」など、目安は言ってくれる。この目安を知れれば、通信費の増大をある程度抑えることができる。

たとえば『引っ越し後1ヶ月は開通できない』とわかっているのなら、『モバイルWiFiルーターをレンタルする』『Wimaxのお試しを利用する』といった方法で通信費の増大を抑えられた。

それだけで、テザリングに頼りっぱなしだった俺の状況に比べ、1万くらいは費用が浮いていたと思う。

 

固定の光回線が数週間以上開通しないときの対策

UQ Wimaxを使う

スマホの速度制限の嵐が来たときに、なんとか状況を変えようと思って調べた。

そして知ったのだが、Wimaxであれば新築だろうと開通まで数日しかかからない。なんせ、届くモバイルWiFiルーターの電源を入れて、そのルーターとPCを繋ぐだけなのだから。

しかも、UQ Wimaxなら、このモバイルWiFiルーターの無料お試し制度(Try!Wimax)があり、2週間完全にタダ(機器の送料もタダ)でWimaxを試せる

 

ギガ放題というプランなら、3日で10Gを越えなければ速度制限がかからないし、速度制限がかかっても1Mとのことだ。

 

速度が1Mあれば、ネットサーフィン程度なら問題なくできる。おれはこのレンタルに飛びついた。手続きも大変簡単だった。

ありがとうWimax。

ただ、残念ながら我が家の中はぎりぎりWimaxが入らないようで圏外だった。

 

レンタルしたルーターが、WimaxだけではなくLTE通信網を使うこともできる機器だったので通信はできた(ハイスピードプラスエリアでの使用というらしい)。

ただ、このLTE通信網を使っている(ハイスピードプラスエリア)状態だと、3つデメリットがあった。

  • 月額1000円の追加料金が必要(なお、お試しの間は追加費用もかからない)
  • Wimax通信と違い、1ヶ月で7G以上使うと速度制限
  • 速度制限状態の速度がスマホと同じ128k

※Wimaxのモバイルルータを利用してLTE通信ができる範囲=プラスエリアと呼ばれている。Wimaxの場合、このエリアの広さは、ほぼauスマホの通信範囲と同じ。

 

このデメリットのうち、『速度制限状態の速度がスマホと同じ128k』という部分がおれにとっては致命的で、残念ながらWimaxを使い続けることは断念した。

 

ただ、Wimaxのエリア内なら普通に固定回線の工事をキャンセルして使い続けていた。それくらい快適にネットができた。固定と変わらん。

 

Wimaxのことはこれまであまり詳しく知らなかったのだが、普通に固定回線ひくより安いし、モバイルWiFiルーター持ち運べば外でもデータ量制限気にしないでいいし、かなり便利&お得と感じた。

 

引っ越しをされるかたは固定回線だけでなく、Wimaxも検討してみていいと思う。お試しは完全タダなので。

データ量無制限のモバイルWiFiルータをレンタルする

残念ながらWimaxはエリア外だったため、おれはその利用を断念した。ただ、この時レンタルしたモバイルWiFiルータはかなり便利だった。

このため、じゃあ、モバイルWiFiルータでデータ無制限に使えるやつとかないかな?と思って調べたら、使用データ量無制限で借りられるモバイルWiFiルーターが1つあった

データ量無制限なのにレンタル料金も安い。1日480円。1ヶ月まとめてのレンタルなら、1日200円以下だ。毎日1Gのデータ追加していたことを考えると、5分の1以下の値段。ありがたや。

現在おれはこれを使ってPCでインターネットをしている。

データ無制限なので、自動再生される動画とかも気にしないでいい。ありがたや。

 

ただ、このモバイルWiFiルータのレンタルも現在人気があり品薄だったらしく、届くまでに5日ほどかかった。(まあ、データ無制限&400円以下って、ここくらいなので仕方ないのかも)。

引っ越し前に知っておけば引っ越し日に届くように事前に手配していたのだが。1万円以上もデータ追加する前にこの存在を知っておきたかった……。

 

まとめ

今回は、おれの失敗体験談を備忘録を兼ねて書いた。

とにかく、次また家を引っ越すことがあれば、以下を気をつけたいと思う。

  • 固定回線は早く手配する。
  • 固定回線開通目安を事前に把握する
  • 回線開通まで時間がかかるようなら、WimaxかモバイルWiFiルータの利用を検討する。

テザリングを利用して長期間PCでネットサーフィンするのダメ、ゼッタイ。

 

(参考1)おれがいま使っている、データ量無制限のモバイルルーターレンタル

【SoftBankのWi-Fiルーターレンタル】グローバルモバイル公式ページ


 

(参考2)WiMaxの無料お試し

UQ Wimax公式ページ

 

スポンサーリンク





ゲーム関連のセール情報

7/13にスプラトゥーン2セット再販!

ニンテンドースイッチオンライン利用権(3ヶ月分)付き。欲しい方は、在庫が無くなる前にどうぞ。

 


スマブラSPとポケモンレッツゴー イーブイ&ピカチュウ予約開始!最安値と特典まとめました。

スマブラSP(スペシャル)の予約価格&店舗特典【11社比較】
ポケモン レッツゴー ピカチュウ&イーブイの予約価格&店舗特典【11社比較】

スポンサーリンク






スポンサーリンク

スポンサーリンク



スポンサーリンク

コメントを残す




CAPTCHA