今なら、Amazonで5000円のチャージで1000ポイントもらえるキャンペーン実施中。5000円のチャージだと20%還元なのでかなりお得。

ARMS購入前に!価格&評判まとめ|ニンテンドースイッチのゲーム

(最終更新:6/16)

  • アメリカのゲーム見本市『E3』で公開された情報追加
  • 各販売店の現在価格情報追記

©Nintendo

任天堂からこの春に販売開始した人気のハード、ニンテンドースイッチの
新感覚格闘ゲームソフト『ARMS(アームズ)』について

  • そもそもARMSってどんなゲームなのか
  • どこで購入すれば得なのか
  • ARMSの魅力(操作性・多彩な遊び方・キャラ・アームの多様性)

といった情報をまとめる。

【6/4追記】

先行体験会『のびーるウデダメシ』をプレイした感想・体験談はこちら。

スポンサーリンク




そもそも『ARMS(アームズ)』ってどんなゲーム?

©Nintendo

発売日 2017/6/16
価格 5980円

ゲームはじめてのかたでもわかりやすく直観的な操作でキャラクターを動かし、伸びる腕『アーム』で戦う新感覚格闘ゲーム。

  • スイッチで新しいゲーム体験がしたい
  • キャラや能力をカスタマイズ&戦い方を考えるのが好き
  • 1対1の戦いがけっこう好き
  • 格闘ゲームが好き

こんな人に向くゲームだ。ポイントは、『格闘ゲームが好き』というところ。

本作は複雑なコマンドがいらないので、格闘ゲームとしては簡単だ。

ただ一方で操作は独特ではあるものの、基本の対戦がタイマンなので対人戦では実力の差がもろにでる。

熟練者vs初心者ではまったく勝負にならない。チームバトルでも仲間が素人だと自分がうまくてもどうにもならない。

オンラインで遊ぶには、ある程度CPUと戦って自分で腕を磨く必要がある。

このため、格闘ゲームが好きな人じゃないと正直楽しめないと思う。

逆に、『格闘ゲームが好き』+『面倒なコマンドがない方がいい』+『タイマン好き』ならかなりハマると思う。

 

ニンテンドースイッチの『ARMS』を購入するならどこがおすすめ?

あみあみがおすすめ。

(参考)各販売店の価格

販売店 購入価格(税込)
ビックカメラ 6123
セブンネット 6458
Joshin 6123
楽天ブックス 5812
あみあみ 5800
コジマ 6123

※ARMS購入開始直後にチェックした価格で、現在の価格を保証するものではない。

※ポイントは計算にいれていない(たとえばビックカメラでは612P、ポイントがつくが、それは計算に入っていない)

 

【6/13追記】

6/13時点でも各販売店の価格は上のものと同じだった。変化なしだ。

 

 

以下、ARMSをあまり知らない人向けの説明がメインになる。

「もうARMS知っているよ!」というかたは知っている情報が多いかもしれない。

 

『ARMS(アームズ)』の特徴・魅力

なにはともあれ、この動画を見てほしい。

わくわくしてこないだろうか。

ARMSの特徴はなんといっても、その操作性によるキャラとの一体感!
さらには、キャラ×アームを自分のスタイルに合わせてカスタマイズできる自由度の高さも魅力!

魅力① 一体感を生み出す操作方法

©Nintendo

ARMSでは、まず上の画像のように左右の手でジョイコンを持つ。
そして、この状態でパンチを出せばジョイコンがプレイヤーの動きを感知して、キャラもパンチを打つ。

このほか、ジョイコンを傾けたり、いくつかのボタン操作をするだけで、ジャンプや高速移動のダッシュ、ガードやラッシュ攻撃を打つことができる。

この操作性により、プレイヤーはまるでキャラと一体化したような感覚を味わえる

©Nintendo

※スティック&ボタンだけの操作でも対応はしているとのこと。

 

なお、操作が不安な方でも、練習モードがあるとのことなので安心だ。

©Nintendo

魅力② 多彩な遊び方

ARMSでは1対1の対戦モードだけでなく、2対2のタッグマッチの対戦モードもある。

さらに、対戦では回復アイテムなどもでるので、駆け引きが必要になりそうだ。

©Nintendo

 

また、対戦の種類も単純な格闘戦だけでない。いくつもの個性的な遊び方ができる。

©Nintendo

■対戦相手をボールに見立ててゴールにたたき込む『バスケ』

©Nintendo

■巨大なバレーボール型爆弾を撃ち合う『バレー』

©Nintendo

■より多くのマトを壊した方が勝ちの『マトアテ』

©Nintendo

 

■強力な敵CPU『ヘッドロック』とプレイヤー3人で協力して戦う『vsヘッドロック』

©Nintendo

▼(参考)vsヘッドロックの立ち回り方についての記事▼

 

このほかにも、100人組み手など、色々な遊び方で遊べる。

 

もちろん、オンラインでも遊べて、次のような遊び方ができる。

  • パーティーマッチ(ランダムで集まった人と自由に遊ぶ)
  • ランクマッチ(タイマン限定で、勝敗ごとに上下するランクを全国で競う)

ランクマッチはかなり盛り上がると思う。

 

また、1人で遊ぶなら、『グランプリ』というモードというモードも用意されている。コンピューター相手の10連戦でアームズ大会優勝を狙うモードだ。

そして最後にはラスボスが待ち受ける…。

©Nintendo

※6/16追記。このボスの正体が判明した。『マックスブラス』、ARMS世界のチャンピオンらしい。

 

『グランプリ』で腕を磨き、オンラインの『ランクマッチ』で全国の猛者とランクを競う、という遊び方ができそうだ。

ランク上位になったら動画配信でもしようかな…。

【初期装備】

©Nintendo

  • トースター:チャージすると炎をまとって攻撃アップ
  • ブーメラン:曲がる軌道を描く。相手を横から襲うのでパンチを曲げれるようになるとなかなか優秀な武器。
  • トライデント:水平に3連発の弾を打つ。マトアテには必須。

 

【先行体験会で使用した感想】

先行体験会で使ってみた感想としては、特徴が少なくてもむしろ使いにくい 笑。

アームのバランスはいいので慣れると強いと思うのだが、おれの感想としては『中途半端でどっちつかず』なキャラクターだ。

 

 

リボンガール

©Nintendo

軽量級ファイター。シンガーらしい。

【特殊能力】

  • 空中で多段ジャンプが可能。
  • 空中から急降下できる。

一発一発は軽そうだが、素早い空中の動きで相手を翻弄しながら戦えそうなキャラだ。

【初期装備】

©Nintendo

  • スパーキー:チャージして攻撃すると相手をしびれさせるアーム。
  • ポップスター:広範囲に攻撃する多段型アーム。
  • サラマンダー:火をまとい、鞭のような曲がる軌道で攻撃するアーム。

 

【先行体験会で使用した感想】

上下に動けるので、相手のアームが重量級アームだったりすると、ジャンプで相手を翻弄出来て楽しいキャラ。

一方、相手が多段型のアームを付けているとなかなか回避できずぼこぼこにされることもあった。

相手のアーム次第でだいぶ強さが変わる印象。

 

 

ニンジャラ

©Nintendo

忍者学校の学生で、卒業のためにアームズ大会で優勝する必要があるために参戦。忍者学校、卒業課題厳しすぎるだろう…。

 

【特殊能力】

  • 空中でダッシュをすると姿が消え、ワープする。
  • ガードに成功した時もワープする。

 

ちょっと前にいた場所からすぐに消えては移動する

高速&トリッキーなバトルができそうなキャラ。

【初期装備】

©Nintendo

  • チャクラム:円を描く動きで攻撃。
  • プレッシャー:チャージすると大きくなるアーム。
  • トリプルボム:水平に3発の弾丸を飛ばすアーム。

 

【先行体験会で使用した感想】

 

使った限り、一番素早いキャラクター(おれはあとで出てくるキッドコブラは体験会で使っていないので、キッドコブラかニンジャラが一番素早いと思う)。

慣れてくると動きまくって相手のアームを潜り抜けるのが非常に楽しいキャラ。

 

反面、なれていないうちは被弾しまくって全然楽しくなかった。

慣れるまでがちょっとハードル高めのキャラだと思う。

 

マスターマミー

©Nintendo

見るからに超重量級のキャラ。

悪そうな見た目とは裏腹に、ミイラの病院で目覚めてから、行方不明の家族を探すためにアームズの大会に参戦したとのことだ。

【特殊能力】

  • ちょっとの攻撃ではひるまない。
  • ガード中は体力回復が回復していく

 

相手の攻撃を冷静に対処してズドン!と強力な攻撃をあびせるパワーファイトができそうなキャラだ。

【初期装備】

©Nintendo

  • ビッグパンチ:重量級アーム。遅いが、相手のアームを弾き飛ばせる。
  • オートカノン:小型アームを3連発するアーム。
  • フェニックス:鳥型のアーム。射程が長いのかな?あまり使わなかった。

 

【先行体験会で使用した感想】

おれがもっとも使ったキャラ。使った限りで言うと、一番使いやすい。

ガードで体力が回復できるのが強い。ガードによる回復はそれほど多くないのだが、その『ガードで体力回復』という特性上、対戦相手が攻撃せざるを得ない状況を作り出せる。

相手の攻撃を誘って、反撃する戦法があっていると思う。

 

 

メカニッカ

©Nintendo

他のキャラは生身なのに、1人だけ機械で参戦ひきょう。

【特殊能力】

  • 機械だけあって、ジャンプを長押しすると空中でホバー移動ができる。
  • 生身じゃないのでひるみにくい。やっぱりひきょう。

他とは違った特徴的なスタイルで戦えそうなキャラだ。

【初期装備】

©Nintendo

  • リボルバー:3連発の小型アームを撃つ。
  • へビィハンマー:重量級。一度相手の上空にとどまってから攻撃。
  • ロックオン:自動追尾するアーム。

 

ARMSの先行体験会『のびーるウデだめし』をプレイした感想

ARMSのオンライン先行体験会『のびーるウデだめし』を5/27にプレイしてきた。

やってみた感想としては、

  • ラッシュ(必殺技)を決めた時の爽快感が半端じゃない!
  • タイマンバトルが楽しい!チームバトル・3人対戦は微妙
  • マスターマミーでガードを固めつつカウンターを狙う戦法が戦いやすかった

といったところだ。

そして、先行体験会ではアームは初期装備の3つからしか選べなかったので、もっといろいろ組み合わせて戦ってみたくなった。

 

ただ、一方で、体験会をプレイすることで感じた注意点もある

先行体験会をプレイしての注意点

ARMSは操作感覚が新しいとは言え、『格闘ゲーム』なので、格闘ゲームが苦手な人には向かない

格闘ゲームとしてはかなり操作が簡単ではあるが、それでもスマブラのように誰にでも簡単!というレベルでは無かった。

このため、格闘ゲームが苦手な人にはハードルが高いと思う。

『普通にゲームができる』という人には問題ない。ストリートファイターなどのように複雑なコマンドなどは必要ないので。

 

▼ARMS先行体験会の感想についての記事▼

 

【6/4追記】

3人で組んで強力な敵CPUと戦う『vsヘッドロック』がかなり熱い。

3人のときは、対戦でなく『vsヘッドロック』ができる確率が高いと嬉しいと思う次第だ(ARMSはオンラインにおいて、対戦方法を選べない。オートで決まる)。

 

『ARMS』の評価・評判と感想は?

最後に、ネットでのARMSの評価・評判と感想を調べてみたのでまとめておく。

全体的に好印象で、『面白そう』という意見が多いが、一方で『デザイン微妙…』という声もあった。

 

私の感想としては、面白そう!に一票なのだが、たしかにデザインは特徴的。

 

ただ、スプラトゥーンのデザインも初めは同じようなことを

言われていたので、問題はないと思っている。

 

また、本作はタッグマッチやオンラインバトルも実装しているので、2人で遊ぶだけではなく、4人などの多人数でも1人でもがっつり遊べそうなのも魅力的だ。

 

公式動画


ARMSの操作をしている様子がわかるCMだ。自分ならどう戦おうか…とつい考えてしまう。

 

その他:オンライン公開スパーリングについて

©Nintendo

アームズ発売と同時にオンラインのタイマン対戦『ランクマッチ』の成績上位者で戦うトーナメントが行われる。
そしてその戦いはYouTube Liveで生中継されるとのことだ。

詳細は次の通り。

6月16日(金)のソフト発売日以降、『ARMS』をプレイしていただいたみなさんに、番組予選への参加意思確認のメールを順次お送りします

 

6月16日(金)~6月24日(土)を番組予選期間として、後日「ランクマッチ」の結果を集計します。つまり、参加意思を表明して、「ランクマッチ」をプレイしたすべてのプレイヤーが予選参加者、ということです!

 

予選期間終了後、参加されたプレイヤーの上位12人に任天堂…もといARMS協会からご連絡し、番組でのプレイにご協力いただけるか、確認します。

 

・ご協力いただけることになった上位プレイヤーのみなさんがオンラインで参加するトーナメントを実施し、YouTube Liveで生中継します!

放送は、7月上旬を予定しています。

 

ARMS公式ページより抜粋

参加するには、ARMS購入後に送られてくるメールで『参加したい!』と意思を表明するだけでOKだ。

あとは、ランクマッチで勝つだけだ。対戦成績がよければ、任天堂主体で生中継されるトーナメントに参加できる。

参加自体にあたってのリスクはないので、『Youtubeでプレイを中継されるなんていやだ!』というかた以外は参加してみたらいいんじゃないかと思う。

 

期間限定キャンペーン情報

今なら、Amazonで5000円のチャージで1000ポイントもらえるキャンペーン実施中

5000円のチャージだと20%還元なのでかなりお得。なお、Amazonプライム会員だと、非会員よりさらに0.5%高い還元率に。

>>Amazonでキャンペーン詳細を見る

>>キャンペーンのメリットと注意事項

 

スポンサーリンク





ゲーム関連の速報

スマブラSPの発売前最後のスマッシュブラザーズダイレクトが11/1に決定。

スポンサーリンク






スポンサーリンク

スポンサーリンク



スポンサーリンク

コメントを残す




CAPTCHA