これやっちゃダメ!スプラトゥーン2初心者がやりがちなNG立ち回り5つ


©2017 Nintendo

ついに発売されたスプラトゥーン2。皆さんイカ楽しんでいるだろうか。俺はすごく楽しんでいる。楽しみすぎて仕事がやばい。〆切がやばい状況なのにイカに手が伸びてしまう。こう、吸盤がついてるから引き寄せられるんだよなー仕方ないんだよなー。

閑話休題。

まぁ、そんなわけで色々犠牲にしつつスプラトゥーン2をたのしんでいるのだが、スプラトゥーンを始めたばかりなのでまだランクが低い。

周りに初心者がたくさんいる。

このため、せっかくなので彼らの立ち回り・動きを観察させてもらった。すると、初心者がやりがちな、対戦に悪影響なNG行動のパターンがいくつか見えてきた。

観察した感想でいうと、このNG行動を減らすよう意識するだけで初心者の人はだいぶデスが減り、対戦成績があがると思う。

そんなわけでここでは、これからスプラトゥーン2からはじめる人向けに『やってはいけないNG行動5つ~初心者編~』を紹介する。

ちなみに、『エイムがあわない』とか技術的な話はここでは言わない。そこは意識してもすぐに変わる物ではないし、初心者なら『エイムがあわない』とかのは当たり前の話なので。

ここで扱うのは、あくまで意識することによってだれでも変えることができる立ち回りの話だ。

※初心者の人がまず遊ぶであろうナワバリバトルについて書く。というか、今のガチバトルは発売開始直後なせいで、本来S以上にいる人が普通にCにいる。

中級者が『Cで無双してやるぜ。ひゃっはー』と突っ込んでいったら泣きそうになるくらいフルボッコにされる人外魔境だ。

スポンサーリンク




スプラトゥーン2のNG立ち回り① 自分の場所をアピールする行動をとる

©2017 Nintendo

たぶんこれが一番多いNG行動だと思う。

自分の場所をアピールする行動とは、たとえば、ローラーでコロコロして相手の陣地を横断したり、シューターで少しでも遠くまで塗ろうと、ナナメ45度を向いて撃ちっぱなしで前進していくといった行動だ。

これらの行動は、スプラトゥーン2が単純な色塗りゲームであれば問題ない。しかしスプラトゥーン2には当然ながら対戦相手がいる。ローラーでのコロコロなどは自分の場所を大々的に宣伝するような行動だ。

そしてそうなったら最後、死角から狙い撃たれる。

だから、スプラトゥーン2における行動は、可能な限り自分の位置がばれないようにする必要がある。ローラーだったらコロコロ塗っていくのではなく、可能な限り横振り、縦振りで塗り、塗ったらすぐ別の場所へ移動する。

シューターでも、上では無くできるだけ水平に撃っていく。

とにかく、敵が近くにいそうなときは、『自分の位置は極力隠す』『自分の位置がバレル行動をしたらすぐ別の場所に移動して行方をくらます』といったことを意識するのが重要だ。

 

スプラトゥーン2のNG立ち回り② とにかく正面突破

©2017 Nintendo

自分はローラーを持っている。目の前にシューターが出てきた。相手の攻撃は届くが、まだローラーでは届かない距離だ。

こんな時初心者によく見かけるのが、ローラーをコロコロして近づくこと。残念ながらいいマトである。

自分より射程が長いブキを相手にしたら、とりあえず後ろを取るなりものかげにかくれて回り込むなどしてみることが重要だ。とにかくなんでもかんでも真っ正面から突っ込んでいかない。

 

スプラトゥーン2のNG立ち回り③ 不利でも逃げない

©2017 Nintendo

自分の味方は周囲にいない。相手が3人集まってきた。自分のブキはチャージャーだ。こんな状況でもボム片手に突っ込んでいく勇者がまぁまぁいる。

それしぬから。3人相手とか普通に無理だから逃げよう。逃げるとそれまでいた場所は相手に塗られてしまうけど、しぬよりマシだ。しんでしまうとスペシャルゲージもなくなるし、復活時間分もロスするので、ただ塗り進められるより失う物がだいぶ大きい。

だから、数で不利だったらしっかり退こう。そして、味方と合流してから戦うようにしよう。

 

スプラトゥーン2のNG立ち回り④ 味方と敵のデス状況を見ていない

自分の味方が2デスしているのに突っ込む人もいれば、相手が全デスなのに塗りを進めない人もいる。

スプラトゥーン2では、味方と敵の数は刻々と変わり続けるので、敵味方のデス数をしっかり把握して、「いまは攻めるときか?守るときか?」ということを考えるのが重要だ。

これは中級(A~)くらいの人でもできていない人がけっこういる。だから、周りが初心者の中で自分がこれを意識できているとだいぶ勝率が変わってくるぞ。

 

スプラトゥーン2のNG立ち回り⑤ 前線に出ない

やられすぎて前に出るのが怖くなったのかもしれない。ひたすら物陰からボムだけを投げたり、自分の陣地深くを塗ってばかりの人も見かける。

たしかにナワバリバトルは塗る面積が多いほうが勝ちなので自陣も塗るのは重要だが、それは終盤でもかまわない。前線で敵と味方が争っている中、1人が怖がって前にでなければそれだけで戦う人数が1人少ないのでチーム全体が不利になる。

正面から突っ込むのもNGだが、敵も見えないくらい退きすぎているのもNGだ。しっかり協調して戦おう。

 

【まとめ】立ち回りは操作スキルと同じくらい重要!

©2017 Nintendo

スプラトゥーン2において、立ち回りの仕方を工夫することは操作スキルを向上させることと同じくらい重要だ。

エイムが下手でも立ち回りを工夫して相手からバレない位置に回り込んでじっくり狙えばあてれるし、逆にエイムがうまくても複数から狙われたら対処しきれない。

操作スキルは一朝一夕では向上しないが、立ち回りは意識するだけで簡単に変えることが出来る。

今回ご紹介した『初心者がやりがちなNG行動』に心当たりがあるかたは、まずその行動をしないよう心がけてみてはどうだろうか。

対戦成績があがると思うので。

 






Amazonで買い物するなら今すぐアプリのご利用を。タイムセール開始通知があるので

Amazon ショッピングアプリ

Amazon ショッピングアプリ
開発元:AMZN Mobile LLC
無料
posted withアプリーチ






Amazonで買い物するなら今すぐアプリのご利用を。タイムセール開始通知があるので

Amazon ショッピングアプリ

Amazon ショッピングアプリ
開発元:AMZN Mobile LLC
無料
posted withアプリーチ



コメントを残す




CAPTCHA