PS4・スイッチで発売!ソニックフォースレビュー。評価・評判は?


©SEGA

今回は、2017年冬に発売が決まったソニックシリーズの最新作『ソニックフォース』について

  • 概要
  • ストーリー
  • ゲームシステム
  • 登場キャラ
  • 評判

の順番でまとめていく。

本作はこれまでのソニックシリーズ同様の素早いアクションが楽しめるソフトで、さらに過去シリーズのボスも登場する。

シリーズファン待望のソフトになっていそうだ。

※8/24追記:販売日決定&予約受付開始!

 

▼予約価格比較記事▼

スポンサーリンク




ソニックフォースの概要

©SEGA

ハード プレステ4 (PS4)

ニンテンドースイッチ(Nintendo Switch)

Xbox ONE

発売日 11/19
価格 6469円(プレステ4・ニンテンドースイッチ)

ソニックシリーズ最新作である本作『ソニックフォース』は2D・3D両方のステージがある。

このステージを『クラシックソニック』、『モダンソニック』、そしてプレイヤーの分身である『アバター』を使ってクリアしていく。

これまでのソニックと同様の遊び方ができる2Dも見どころだが、おれはなによりも本作の3Dステージでの高速アクションを魅力に感じた。

ソニックがVR対応したら、3DステージはぜひVRで遊んでみたい。ジェットコースターみたいに見えるんじゃないか、と思わせるスピード感だ。

ソニックフォースのストーリー

©SEGA

本作の敵はソニックシリーズの敵としておなじみの悪の科学者『エッグマン』だ。ただ、本作のエッグマンは一味違う。あたらしく手にした力を用いて、ゲーム開始当初から世界の99%をすでに支配している。

そのため本作のステージである町にはエッグマン軍の巨大ロボが歩き回り、町は燃え上がっている。

この圧倒的劣勢から(モダン)ソニックは、もう一人の自分であるクラシックソニックとプレイヤーの分身であるアバターの力を借りてエッグマン軍に立ち向かう。

©SEGA

 

ソニックフォースのゲームシステム

©SEGA

本作の特徴は2つだ。

  • 1つ目は2D・3Dの種類のステージが楽しめること
  • 2つ目はアバターを自分好みにカスタマイズしてステージに挑めること

 

特徴①2D・3Dの種類のステージが楽しめる

©SEGA

『ソニックフォース』のステージは

  • クラシックソニックでクリアしていく2Dの横スクロールステージ
  • モダンソニックでクリアする3Dステージ
  • 2Dと3D両方存在するアバターステージ

の3つに分けられる。

 

2Dステージ

©SEGA

これまでのソニックシリーズ同様の横スクロール。ステージ探索だけでなく、ボス戦も2Dで戦っていく。

©SEGA

3Dステージ

©SEGA

おれとしては本作のメイン。アーマードコアばりのスピード感をもったアクションが楽しめそうでわくわくしている。

©SEGA

ただ、スピードが速い分、操作を素早くするスキルが必要だろうから、アクションゲームが苦手な人にはこれまでのソニック以上にハードルが高くなっていそうだ。

 

特徴②アバターを自分好みにカスタマイズ

©SEGA

ソニックフォースでプレイヤーの分身となるアバターは7タイプから選ぶ。

それぞれ見た目や持っている能力が違う。自分のプレイスタイルに合わせて好きなものを選べるようになっている。

アバター7タイプ
  • Bear(熊) :ホーミングアタックで敵を吹き飛ばせる。
  • Wolf(狼):近くのリングを自動で吸い寄せ
  • Rabbit(兎):ダメージ後の無敵時間が長い
  • Hedgehog(ハリネズミ):ダメージ後に取られたリングを奪い返す
  • Dog(犬):死亡後、5つリングを持った状態で復活する
  • Cat(猫):ダメージがあってもリングが1つ残る
  • Bird(鳥):2段ジャンプで高くまで飛べる

©SEGA

 

©SEGA

そしてこのタイプを選択した後、さらにサングラス・ブーツなどコスチュームを変えて見た目を変更することができる。このコスチュームなどはゲームを進めるごとに使用できるものが増えていくということだ。

さらにアバターはWisponという武器をステージごとに選べる。

©SEGA

例えば画像の『Burst』というWisponを選ぶと爆発で空を飛べるほか、火炎放射で敵に攻撃できる。

©SEGA

 

このWisponと特殊装備『グラップリングフック』を使ってアバターステージを突破していく。

©SEGA

ゲームシステムまとめ

慣れ親しんだ2Dの横スクロールだけでなく、3Dでもソニックらしい高速アクションが再現されている。

特に3Dステージは、操作に慣れるまでハードルが高いかもしれないが、慣れたら爽快この上なさそうだ。

 

 

登場キャラ

©SEGA

これまでに紹介した『クラシックソニック』『モダンソニック』『アバター』『エッグマン』以外にも、本作『ソニックフォース』にはこれまでのソニックシリーズのキャラが登場する。

そこでここではこれらのキャラとそして本作初登場にしてすでにラスボス臭がプンプンする新たな敵『infinity(インフィニティ)』を紹介する。

シャドウ・ザ・ヘッジホッグ

©SEGA

『ソニックアドベンチャー2』で初登場。

ソニックと対をなす存在。ダークヒーロー。ソニックを上回る戦闘能力を持ち、目的のためには手段を選ばない。

 

メタルソニック

©SEGA

エッグマンによってソニックを模して造られた存在。過去シリーズでも何度も登場し、ソニックと戦いを繰り広げてきた。

ちなみに『ソニックヒーローズ』では創造主たるエッグマンに逆らい、強化された姿でラスボスとしてソニックの前に立ちはだかる。

カオス

©SEGA

ソニックアドベンチャーで登場した液状生命体。

エメラルドというものを取り込むことでパワーアップする。温厚な性格だったが、仲間を戦闘民族にやられて暴走。洪水で世界を滅ぼそうとした。

 

ザボック

©SEGA

ソニックロストワールドで登場したボス達『六鬼衆』のリーダー。

強者との戦いを好み、メカを操作するだけでなく自分も格闘戦によって戦う。

 

 インフィニティ

©SEGA

公式動画において威圧感たっぷりに登場したキャラ。

攻撃方法も目的もまだ明らかになっていないがすでに貫禄十分。かっこよすぎる。

 

登場キャラまとめ・感想

歴代シリーズの人気キャラがですぎて熱い!

とくにおれとしてはシャドウの登場がたまらん。…が、せっかくだから操作したかったぁぁーー。

今作では操作はできなさそうなので、そこは残念。

公式動画とプレイ動画

■公式動画

ソニックフォースのストーリーやステージの様子、そしてインフィニティやシャドウといったキャラの登場がギュッと凝縮されている。

音楽がイイ!

 

■プレイ動画

海外のものなので英語だが、見て頂ければ本作の3Dステージのスピード感が伝わると思う。ぜひVR対応してほしい。

ソニックフォースの評価・評判

ソニックフォースの評価・評判をまとめてみた。

ソニックはこれまでほぼ良作なので、今作も『期待してる』『超楽しみ』といった感想が多かった。ただその一方で、『アバターとかいらないからシャドウとか過去作のキャラを操作させて』という声もあった。

確かに過去作キャラはおれも操作したかった……。まぁ、アバターのシステムもかなり自由度がありそうで楽しみなんだが。『アバターも過去作キャラも操作したい』というのはぜいたくなんだろうか。

 

ソニックフォースまとめ

これまで良作が続いているソニックシリーズの最新作だけあって、評判も上々だ。

ストーリーとしても過去シリーズのライバル・ボスたちが出てくるという点は熱いし、3Dステージのスピード感も圧倒的で、おれとしてもかなり期待している。

ただ、そのスピードゆえにアクションゲームが不慣れな人はとっつきにくいかもしれない。

おれのように過去作をプレイしたことのあるシリーズファンや、アクションゲームが好きな人向けのソフトになりそうだが、どうだろうか。

冬が楽しみだ。

▼予約価格比較記事▼






Amazonで買い物するなら今すぐアプリのご利用を。タイムセール開始通知があるので

Amazon ショッピングアプリ

Amazon ショッピングアプリ
開発元:AMZN Mobile LLC
無料
posted withアプリーチ






Amazonで買い物するなら今すぐアプリのご利用を。タイムセール開始通知があるので

Amazon ショッピングアプリ

Amazon ショッピングアプリ
開発元:AMZN Mobile LLC
無料
posted withアプリーチ



コメントを残す




CAPTCHA