評価・評判は?マリオ+ラビッツ キングダムバトル(マリオラビッツ)をレビュー


©Nintendo

© 2017 Ubisoft Entertainment. 

6/13のアメリカで行われているE3にて任天堂からマリオがUbiSoftのキャラクター『ラビッツ』とコラボしたニンテンドースイッチ向け新作ソフト『マリオ+ラビッツ キングダムバトル(マリオラビッツ)』の内容が発表された。

そこでここでは、このソフトの特徴や販売日を速報としてまとめていく。

 

スポンサーリンク




『マリオ+ラビッツ キングダムバトル(マリオラビッツ)』ってなに?

©Nintendo

© 2017 Ubisoft Entertainment. 

ハード Nintendo Switch
ジャンル シミュレーション
発売日 2018年1月18日
価格(税込) 6458円

海外ではこの夏、2017/8/29に、国内では来年の2018年発売予定のマリオの最新作だ。

ジャンルはこれまでのマリオになかったジャンル、シミュレーション!

画像のように、3Dのマップを、マリオとUbiSoftのキャラクター『ラビッツ』が駆け巡るターン制のシミュレーションゲームだ。

ラビッツ

©Nintendo

© 2017 Ubisoft Entertainment. 

ストーリー

©Nintendo

© 2017 Ubisoft Entertainment. 

楽しいことが大好きな「ラビッツ」たちが、なぜかマリオの世界に入ってしまいました。それによって空にナゾの巨大な渦が出現し、キノコ王国に異変が・・・。世界を元にもどすため、マリオとラビッツたちの冒険が始まります

なんとなく、マリオRPGを思い出させる導入だ。マリオRPGではクッパとも手を組んで異世界からの敵と戦ったが、今作はクッパと手を組むことはあるのだろうか。

ゲームシステムと特徴

©Nintendo

© 2017 Ubisoft Entertainment. 

ターン性のシミュレーション。各キャラクターには特殊能力があり、それを駆使して敵を倒していく。

 

©Nintendo

© 2017 Ubisoft Entertainment. 

こちらはバリアをはる能力だ。

 

また、シミュレーションではあるが、攻略のキーになるのは『移動』とのことで、土管やジャンプ、滑り込みなどで相手の裏をとるように移動して攻撃していくことが重要なようだ。

©Nintendo

© 2017 Ubisoft Entertainment. 

シミュレーションでありながらジャンプや土管などの移動があるのはマリオらしいと言えると思う。また、このマリオらしさはシステムだけではなキャラクターの装備にもボスにも現れている。

©Nintendo

© 2017 Ubisoft Entertainment. 

こちらはキラー型の大砲。

 

©Nintendo

© 2017 Ubisoft Entertainment. 

『マリオ+ラビッツ キングダムバトル(マリオラビッツ)』のこちらのボスはドンキーコングのネクタイをしている。そして手元にはバナナの山。公式動画ではドラミングもしていることが確認できている。ドンキーさん、なんでそんな姿になったんですか……。

 

ちなみに、このゲームにはピーチの姿をしたラビッツも出てくる。

©Nintendo

© 2017 Ubisoft Entertainment. 

ただ、安心してほしい。ピーチがこうなってしまったわけではない。ピーチはピーチでしっかり登場する。

©Nintendo

上のピーチ姿のラビッツは、単純にラビッツがピーチのコスプレをしているだけのようだ。まったく意味はわからないが。また、本作ではヨッシーの姿やルイージの姿のラビッツもいる。いずれもピーチのラビッツと同じくかわいくはないが、なんとなく親しみをもてる外見をしている。

 

『マリオ+ラビッツ キングダムバトル(マリオラビッツ)』の評価・評判と感想

海外では2017/8/29に発売されている。そこでここでは、このソフトの海外での評価を紹介する。

参考:metacritic

総合評価

  • メタスコア(総合評価):85点(100点満点)
  • ユーザースコア:8.9点(10点満点)

メタスコアはスプラトゥーン2(83点)やゼルダの伝説ブレスオブザワイルド(78点)、ARMS(77点)を超える点数だ。またユーザー評価のこの得点は今年1位のものだ。スプラトゥーン2(4位・8.6点)、マリカー8デラックス(5位・8.5点)も抑えてのこの順位だ。

今年発売されたソフトの中でもトップクラスの評価を受けている。

メタスコア:IGNやEGM(日本で言うファミ通)などのゲーム評論家が評価した点数

ユーザスコア:一般のユーザーが評価した点数

※ここでの順位や点数は2017/9/6時点のもの

マリオ+ラビッツ キングダムバトル(マリオラビッツ)|メリット面の評価

  • 戦闘に深い戦略性がある
  • ラビッツやマリオという慣れ親しんだキャラがいるおかげで抵抗なく始めることができる
  • 難易度は最初はやさしく、後半になるにつれ上がるおかげで初めての人でもプレイしやすく、また慣れた人でも後半は緊張感を持ってプレイできる。
  • Grant Kirkhope(バンジョーとカズーイの冒険などの音楽を手がけた作曲家)による音楽がすばらしい

 

マリオ+ラビッツ キングダムバトル(マリオラビッツ)|デメリット面の評価

  • 2人プレイをするまでに一度1人でクリアする必要がある。2人プレイには向かない
  • 後半の難易度がかなり険しい。初心者に手加減してくれるようなゲームではない。

マリオ+ラビッツ キングダムバトル|評価まとめ

とにかく手応えのあるソフトを求めている人には圧倒的に高評価な作品だ。また、この手のシミュレーションゲームをはじめて触る人にもチュートリアルがしっかりしていることと、キャラクターが親しみやすいことで取っつきやすいようだ。

ただ一方で後半になると難易度が高くなるようで、『サクッとお気軽に最後までプレイしたい』という人にはきびしいかもしれない。また、2人プレイもおすすめできないとの意見がある。

 

▼マリオ+ラビッツ キングダムバトルの海外での評価 詳細記事▼

 

マリオ+ラビッツ キングダムバトル(マリオラビッツ)|プレイ動画

実際のバトルの様子がわかる動画だ。キャラはかわいらしいが、闘いではしっかりと考えていく必要がありそうだ。

 

マリオ+ラビッツ キングダムバトル(マリオラビッツ)の評価・評判とレビューまとめ

©Nintendo

© 2017 Ubisoft Entertainment. 

本作マリオ+ラビッツ キングダムバトル(マリオラビッツ)は日本での発売開始は2018年1月だ。

しかし、マリオRPGといい、マリオが新しいジャンルに取り組むときは必ずと言っていいほど、名作のソフトとなっている。このため、本作『マリオ+ラビッツ キングダムバトル』でもそのファンシーな見た目と異なり、遊び応えのあるソフトになるのではないだろうか。

とくにおれは、マリオRPGにドはまりした人間なので、こちらのようなマリオの異色作には期待せざるを得ない。海外サイトでの評価も非常によいようなので。

 

▼マリオ+ラビッツキングダムバトルの予約価格比較▼

 

▼マリオ+ラビッツ キングダムバトル 海外での評価▼






Amazonで買い物するなら今すぐアプリのご利用を。タイムセール開始通知があるので

Amazon ショッピングアプリ

Amazon ショッピングアプリ
開発元:AMZN Mobile LLC
無料
posted withアプリーチ






Amazonで買い物するなら今すぐアプリのご利用を。タイムセール開始通知があるので

Amazon ショッピングアプリ

Amazon ショッピングアプリ
開発元:AMZN Mobile LLC
無料
posted withアプリーチ



コメントを残す




CAPTCHA