マミー強い!ニンテンドースイッチ|ARMS先行体験会の感想・レビュー


©2017 Nintendo

本日のARMS(アームズ)の先行オンライン体験会『のびーるウデだめし』をやった感想を書いていく。

まず、一言で今日の感想を言うと、

「マスターマミー強い!」

 

スポンサーリンク




今日の先行体験会でやったこと

先行体験会の時間をめいっぱい使って、体験会で使えるすべてのアームとキャラクターを試した。

そしてそのプレイでやった対戦の種類は

  • タイマンの対戦とバレー
  • 2対2の対戦とバレー
  • 3人対戦

といったものだ。

バスケなどは今日の体験会ではできなかった。

 

©2017 Nintendo

本日は体験できなかったバスケ

 

ARMS(アームズ)先行体験会の感想に入る前のバトルの豆知識

本題に入る前にアームズのバトルの駆け引きに必要な豆知識を2つ書いておく。

  • アームの重量について
  • パンチとガード、投げ技について

このことを知らないと、感想を読んでも「なんのこと?」となると思うので、先に説明する。

 

アームの重量について

©2017 Nintendo

アームズ(ARMS)のアームには大きく分けて3つの種類がある。

  • いくつも弾がでる多段型の軽量級アーム
  • ノーマルタイプの中量級アーム
  • 大きくて重い重量級アーム

軽い多段型は速度が速くて相手に当てやすいが、ほかの中量級アームや重量級アームとぶつかると撃ち落とされる。

重量級は速度が遅いので相手に当てにくいが、多段型の軽量級アームや中量級アームの攻撃を撃ち落とせる。このため、盾としても使えるアームだ。

中量級はこれらの中間。軽量級は打ち落とせるが重量級にはうちおとされる。

 

このため、相手が重量級アーム主体で攻めてくるなら回避かガードしつつ攻める必要があるし、軽量級アーム主体で攻めてくるなら、こちらもパンチを打って相手の攻撃を撃ち落としつつ攻撃すればいい。

 

パンチとガード、投げ技の駆け引きについて

  • パンチはガードで弾ける。
  • ガードは投げ技で崩せる。
  • 投げ技はパンチに撃ち落とされる。

こういう関係があるので、相手がガードをよくするなら投げてやればいいし、逆によく投げ技を打ってくるならパンチ主体で攻撃しまくってやればいい。

 

 

先行体験会をやった感想・レビュー(キャラクターについて)

©2017 Nintendo

冒頭でも書いたが、マスターマミーがめっちゃ強い。

ガードで体力回復があるのが大きい。

 

マスターマミーでガードをして待っていると、回復されたくない相手はけっこうな確率で焦って投げをしてくる。

他のキャラだと、ガードしても牽制のパンチを打ってきたりするのだが、回復されるのがイヤなのか、マスターマミーの場合はすぐに投げ技がきやすい。

 

そこで投げ技が放たれそうなタイミングでパンチを打つ。マスターマミーは多段型の軽量級アームを装備できるので、それを使用する。

すると、多段型アームは相手が放った投げを弾く。そして軽量級アームは速度も速いので、避けられることなくそのまま相手にヒットする。

 

そしてヒットした相手にちょこちょこ追撃。

相手がパンチで何度も攻撃してきたら、またガード。そしてまた相手が投げをしてきたら、パンチを打つ。

 

これを何度か繰り返すとほどほどにダメージを与えつつ、ラッシュ(必殺技)を打つためのゲージがたまる。貯まったら、相手が近づいてきたあたりでラッシュをする。

 

すごいイヤな戦い方だと思うが、こんな感じで待ち主体でやるとほぼ負けなかった。7連勝くらいしたんじゃないかな。

ちなみに別におれはうまくない。リボンガールやニンジャラでプレイした時は3連敗した。素早い動きは全然操作がついていかない。

 

パンチをダッシュやジャンプでかわせるようになってくるとまた違うのだろうとは思う。

ただ、プレイヤーがまだほぼ全員慣れていないので、多少の攻撃ではひるまない+回復があるマスターマミーは反則に近い強さなのでは?と思う。

 

先行体験会をやった感想・レビュー(アームについて)

©2017 Nintendo

個別のアームの感想

もっとも好きだったアームは『DNAマン』のが使用するァランクス。

ゆっくり相手に向かっていき、相手のパンチを防いでくれるという、盾に近い役割をするアームだ。

©2017 Nintendo

とりあえず盾としてファランクスを出しておいて、もう片方の手(レイドラ)で攻撃、という戦い方が楽しかった。

ファランクスを出していると相手もむやみやたらに攻撃できないので駆け引きが面白い。

 

全体のアームの感想

©2017 Nintendo

多段型が便利に感じた。

攻撃速度が早いので、見てからではなかなか相手は対応しにくい。また、相手の投げ技に合わせて出すことで相手の投げを簡単につぶせる。

マスターマミー+多段型アームは待ち主体の攻め方に最高だった。

 

一方、重量級のゲルゲルやビッグアームも、相手のパンチを潰せるので『とりあえず先にうっとく』という使い方が便利だった。

盾兼攻撃みたいなイメージだ。

 

最後に、中量級について。

おれとしてはどっち付かずで使いにくかった。投げ技潰すなら多段型でいいし、相手のパンチを潰すなら重量級でいい。

 

立ち回りでパンチを回避できるようになってからが中量級アームの本領を発揮できるんだと思う。おれはできなかった。

 

先行体験会をやった感想・レビュー(各種対戦ルールについて)

タイマンバトル

©2017 Nintendo

タイマンバトルは熱い。

大ダメージを与えられるラッシュ(必殺技)があるので、相手をギリギリまで追い詰めても逆転されるリスクがあるのが緊張感があっていい。

 

また、腕にも書いたとおり、攻撃にも相性があるので、

  • ガードするか
  • パンチするか
  • 投げを放つか

その駆け引きが楽しい。

 

 

チームバトル・3人バトル

©2017 Nintendo

正直、これは微妙だった。

特に3人バトルは、うまい下手関係なく2人から狙われるとどうしようもない。

画面外から攻撃が飛んでくるし、自分の攻撃途中でもほかから攻撃されて中断させられる。

 

チームバトルも『自分の体力を分け与えて味方を復活させる』ということができないので、1人やられたら2人からボコボコにされるので、負け確定だ。

 

このため、2vs2のチームバトルではとにかく倒しやすい方を徹底して狙って早く2対1に持ち込むと勝ちやすいと思う。汚いとか言わない。

 

バレー

©2017 Nintendo

面白いと言えば面白いが、やはりタイマンバトルのほうが楽しかった。

全員まだあんまり慣れていないこともあり、駆け引きもなく、ただひたすらバレーボールどついているだけだったので……。

 

あと、バレーでの重量級アームの意義がわからない。ひたすら両手に軽量級アーム(多段型)を持ってパンチ打っていれば相手の陣地にボールを押し込めた。

 

操作方法についての感想・レビュー

©2017 Nintendo

次の2つの操作方法でプレイした。

  • スイッチ本体を持っての操作
  • ジョイコンを両手もっての「いいね!持ち」での操作

※「いいね!持ち」=画像のような持ち方のこと。

 

スイッチ本体を手に持った従来の操作方法のほうが、慣れているので当たり前と言えば当たり前だが操作はしやすかった、

 

でも、たのしかったのは「いいね!持ち」だ。後退がやりにくかったが、ラッシュ時の爽快感は半端じゃなかった。

 

ただ、ラッシュを何度かするとまじで疲れる。痩せそう 笑

 

「いいね!持ち」でのアームズの操作のコツ

ARMSにおいて両手にジョイコンを持つ操作方法『いいね!持ち』をしてキャラクターを後退させるには、ジョイコンを後ろに傾ければいい。

しかし、先行体験会でプレイしてわかったのだが、特に意識せず普通に後退しようとすると、ガードがけっこうな確率で暴発する。

これは『いいね!持ち』でガードをする方法がジョイコンをハの字にすることであるために起きる現象だ。

  1. 後ろに下がりたいと思いジョイコンを傾ける
  2. 微妙にハの字になってしまったためガード暴発
  3. その場で立ち尽くしている間に投げ技決められる。

これが起きてしまうと、かなりいらっとした。

このため、後退したいときは意識してジョイコンを逆ハの字にして、ガードが出ないようにするとプレイしやすかった。

 

その他

©2017 Nintendo

一度遊ぶと、このアームを左手につけて右手にこのアームつけるとどうだろう?とか考えるようになる。

でも、体験会ではそれぞれのキャラクターが持っているアームを付け替えることはできない。このため、色々なアームを組み合わせて相性を試すことはできなかった。

ファランクス+多段型アームとか、ガードしつつ速い攻撃を当てていけそうで楽しそうなんだけどなぁ……。

まぁ、アームを自分で組み合わせて遊びたければARMSを買ってくれ、ということなんだろう。実際、自分でアームの組み合わせを考えて楽しむのが一番のARMSの醍醐味だろうし。

 

まとめ

おれは今日のアームズ先行体験会をやってこのような感想に感じた。

  • 4人対戦・3人対戦は微妙
  • タイマンはかなり面白い
  • 相手の出方を読んでカウンターをする戦法が強いと感じた
  • 「いいね!持ち」をするとラッシュでダイエットできそう。
  • 自分で考えたアームの組み合わせで対戦してみたい。

正直、チームプレイとかを目的に買うならオススメできないが、1対1の対戦を目的に買うならすごくアリだと思う。

アームの組み合わせを考えるのが楽しい。それに、ジョイコンを手に持つ「いいね!持ち」でラッシュを決めて勝った時は爽快感&アドレナリンが半端ないので。

▼ARMSについてのまとめ記事▼






Amazonで買い物するなら今すぐアプリのご利用を。タイムセール開始通知があるので

Amazon ショッピングアプリ

Amazon ショッピングアプリ
開発元:AMZN Mobile LLC
無料
posted withアプリーチ






Amazonで買い物するなら今すぐアプリのご利用を。タイムセール開始通知があるので

Amazon ショッピングアプリ

Amazon ショッピングアプリ
開発元:AMZN Mobile LLC
無料
posted withアプリーチ



コメントを残す




CAPTCHA