スプラトゥーン2|フェスパワー2300超えがナワバリバトルの勝ち方を解説するよ

フェスパワー2300くらいをさまよっている筆者が、ナワバリバトルの勝ち方をサクッと解説する。

2300はあまり誇れる数値でもないけど、ガチマッチ換算でX帯中堅くらいのレベルはあるかと思うので、

「ガチマッチは勝てるけど、フェスのナワバリバトルで勝てない!」

というかたは参考にして頂ければ。

スポンサーリンク




スプラトゥーン2(スプラ2)|ナワバリバトルのブキの選び方

基本的には好み・得意なブキを選べばいいとは思うが、勝ちに徹するなら、ある程度塗れるブキを使った方がいい。

というのも、ナワバリバトルはあくまでも塗り面積での勝負なので、キルブキを使っていると、「めちゃくちゃ倒したのに負けた」ということがそれなりに起きる。

裏を返すと、塗りブキを使っていると、「ボコボコにされていたけど、最後30秒間の塗り広げで逆転した」ということも、それなりに起こせる

このため、実力差があるマッチングでも、最後に大逆転を起こしやすい塗りブキがナワバリではおすすめ。

■推奨ブキ:デュアルスイーパーカスタムやスシコラ、バケデコ、エクスロなど

■非推奨ブキ:ブラスター系、ジェッカスなど


普段ルールごとにブキを持ち替えている人なら、『ガチエリア』で使っているブキを使えばいいかと思う。

なお、ガチエリアで上位勢の使用率が1番高いブキは『エクスプロッシャー』なので、ブキに悩んでいる方はこれがおすすめ(参考:スプラ2|Xランキング上位勢が使う現環境のおすすめ最強ブキ

 

スプラトゥーン2(スプラ2)|ナワバリバトルの立ち回り・勝ち方

ナワバリバトルの3分間の立ち回りを

  • 序盤(最初30秒)
  • 中盤(30~2分30秒)
  • 終盤(2分31秒~最後)

にわけて解説する。


※先ほど紹介した推奨ブキ(塗りもキルもある程度できるブキ)を使っている前提で記載。キルブキの場合、だいぶ立ち回りは変わる。

ナワバリバトル_序盤(最初30秒)にやること

  • 自陣塗り(最重要)
  • 敵味方の編成把握(どちらが塗り強いか)
  • 敵味方の強弱

順番にざっくり解説する。

 

ナワバリバトルでは、序盤の自陣塗りは必須!

当然だけど、ナワバリバトルは『最後により塗れているほうが勝つ』ルールだ。

このため、ゲームの中盤・終盤にはステージ中央を自分たちが確保し、全員で敵と戦える体勢を作っておきたい。

この体勢を作るために、序盤で自陣をしっかり塗っておき、ゲーム後半になって自陣塗りに味方が戻るようなことがないようにしておく

ヘタに塗り残しがあると、ゲーム終盤にもかかわらず自陣を塗っているイカが出てくる=中央が人数不利になる、ということになりかねないので、この『自陣塗り』はとにかく徹底的にやっておくことを推奨する。

 

※ここで書いているのはソロバトルの場合。チームバトルで、中央を取ると戦いやすいチョウザメなどのステージでは、自陣塗りを後回しにするのもあり。

 

敵味方の編成を把握して、自分の立ち回り方針を決める

序盤、自陣塗りをしている間、敵とあたることはないので、その間に敵・味方のブキ・ギア構成を見ておく。

そしてそれを元に立ち回りを決める。

この時、特に意識するのは、「どちらのチームの方が塗りが強いか」ということ。

 

たとえば相手がキル寄り(ブラスター3枚など)編成なら、こちらは無理に戦う必要はない。塗り合っていれば勝てるので、引き気味で、突っ込んできた相手を狩る意識でいく。

逆に、相手の方が塗りが強い場合、塗り合っていても勝てないので、ある程度塗りよりもキルを優先する立ち回りが必要になる。

この後で紹介する、敵と味方の強弱と併せて、中盤以降、自分はどう立ち回るべきかを、この最初の30秒に決めておこう。

 

イカマークをチラ見して、敵味方の強弱を把握する

編成を把握するのと並行して、敵と味方どちらが強そうなのか、イカマークを見つつ把握する(フェスパワーなどはあるが、近い数値の場合、そこまで当てにならないことが多い)。

そしてこの時、

  • 味方の方が弱そう→『耐える=中央を取っても無理に押し込まず、生き残りを優先する』戦い方
  • 味方の方が強そう→『攻める=中央を取れたらある程度デスを覚悟で、前線をあげる』戦い方

というように方針を立てる。

※味方のほうが弱い場合は、最後の30秒間にスペシャルウェポンで実力差を覆すイメージ。
逆に味方の方が強い場合は、最後の30秒のワンチャンスで覆されないように、リードを思いっきり広げておくイメージ。

 

ナワバリバトル_中盤にやること:ステージ中央を取る!自陣抜けを見張る!

中盤は、とにかくステージ中央を取ることと、自陣抜けする敵をとがめることに注力する。そして同時に、終盤に向けてスペシャルウェポンを準備することも並行して行う。

 

とにかくステージ中央を取ろう!『打開』『抑え』の意識はしっかりと!

正直これが1番大変なのだが、中盤はとにかくステージ中央を取ろう。ただ、相手も間違いなく同じ意識でいるので、先にステージ中央をとられてしまうこともある。

その際は、ガチエリアの打開と同じく、

  • 味方とスペシャルウェポンを併せて
  • 人数不利がついていない状態で

ステージ中央を取りに行くようにしよう。

そして逆に、自分たちがしっかりステージ中央を取れたら、ガチエリアと同じく、ステージ中央に敵が入ってくるルートを味方と分担して抑えよう。

 

ガチエリアではしっかり『打開』『抑え』ができている人でも、ナワバリバトルになるとなぜか単身で突っ込んだり、スペシャルを貯めたりしなかったりする。このため、ナワバリでも『打開』『抑え』の意識をしっかり持つと、かなり勝ちやすくなる

 

敵に自陣抜けされるとかなり痛い!裏抜けできるルートは随時チェック

ナワバリバトルでは『敵陣に抜けて荒らす』動きがかなり強い。

このため、ステージ中央を取った際には、自陣に抜けようとする敵がいないか頻繁に(安全な場所でマップなど開くなどもして)チェックしておいたほうがいい。

とくに序盤で敵編成を見た際に、相手の方が塗りが強い場合は、要注意

相手の方が塗りが強いと、『リスポーンまで押し込んでいたのに、抜けた敵に気づかず、自陣を荒らされすぎて負けた』とかがあり得るので、有利なときほど落ち着いて、自陣側に抜けた敵がいないかチェックするといい。


※裏を返すと、敵がキル寄りのブキで、自分たちの方が明らかに弱い場合、敵を無視して、こっそり敵陣荒らすのもアリ。ひたすら塗り&逃げるだけなら、撃ち合いの強さも関係ないので。

 

終盤に向けてスペシャルウェポンを準備する

ナワバリバトルは、どれだけ劣勢でも、最後の30秒間で逆転できる可能性がある。

このため、最後の30秒間に最大火力をぶつけられるように、(できるなら)2分15秒当たりから、スペシャルウェポンゲージを溜めだしておく

また、すでにスペシャルウェポンが溜まっている場合は、(できるなら)最後の30秒間に使うために取っておく

※『できるなら』と書いているのは、たとえば『打開時に味方に併せて使う』といったシーンであれば、取っておくよりも使った方がいいため。

 

ナワバリバトル_終盤にやること:とにかくデスしない!負けている時はキルから!

ここまでうまくゲームを運べたら、最後にやることは単純で、温存していたスペシャルウェポンを使うと共に、

  • 勝っている時:徹底的にデスしない立ち回り(塗りあいでも勝ちなので)
  • 負けている時:キル&人数有利を作ることを狙う

といった動き方をする。

勝っている時は、その形成を維持するために、とにかくデスをしないように動く。

逆に負けている時は、塗り合いをしていても勝てないので、人数有利を作るために相手をキルすることを優先して戦う。

なお、互角の場合はデスしないように動く意識でよいかと思う。

 

スプラ2のナワバリバトルで勝てない人は、打開・抑え・残り時間の意識を大切に!

中盤のところにも書いたけど、ガチエリアではしっかり味方とスペシャルウェポンを併せて使う人でも、ナワバリバトルでは途端に単身突っ込んだりする。

このため、ナワバリバトルでもガチエリアと同じように、「スペシャルは味方と併せて使う」「人数不利で突っ込まない」ということを意識するのは重要だ。

また併せて、『最後の30秒間で逆転する/されないためには、残り時間どう立ち回ればいいのか』ということを意識すれば、フェスパワー2200~2400くらいまではいけるようになると思う。

スポンサーリンク





ゲーム関連の速報

楽天で最大ポイント43倍のお買い物マラソン実施中(9/26まで)。

 

 

スマブラSPとポケモンレッツゴーの特別仕様のスイッチ本体同梱版が予約受付開始。

Amazon楽天ブックス
 

ピカチュウ: Amazon楽天ブックス
イーブイ:Amazon楽天ブックス
 

また、以下記事にて、入荷/予約開始情報をリアルタイムで更新中。

スマッシュブラザーズスペシャルセット予約・入荷速報

ポケモンレッツゴー ピカチュウセット&イーブイセット予約・入荷速報

 

スポンサーリンク






スポンサーリンク

スポンサーリンク



スポンサーリンク

コメントを残す




CAPTCHA