ニンテンドースイッチ録画に!ゲーム実況動画用キャプチャーボードならコレ

 

こんにちは、ナビ夫だ。

©Nintendo

この記事はニンテンドースイッチ(Nintendo Switch)本体やスプラトゥーン2などのソフトを買ったのをきっかけに、こんなことを思っているかた向けの記事だ。

  • Youtube、ニコニコ動画でゲーム実況をしてみたい!
  • ゲーム動画で収益をゲットできるかチャレンジしてみたい!
  • でも、どんな動画キャプチャーボードを買えばいいかわからない!

ニンテンドースイッチ(Nintendo Switch)などのゲーム動画を録画するのに必要な『キャプチャーボード』はそこそこ値段がする。それに、使っている人もそれほど多くない。

だから、これまでゲーム動画を投稿したことがなければ、『キャプチャボードの使い方がいまいち想像がつかない』『高いものだし、買って損したらどうしよう?』と考えるかもしれない。

でも安心して欲しい。録画方法は意外と簡単だ。それに、購入にあたって注意すべき点さえ抑えておけば買って損することもない

この記事では、おもにニンテンドースイッチ(Nintendo Switch)でゲーム動画を録画したい方向けに、『キャプチャーボード』購入にあたって注意しておくべき点、そしてそれを踏まえておすすめできるキャプチャーボードを紹介する。

これからニンテンドースイッチ(Nintendo Switch)のゲーム動画を配信したいと考えているかたは参考にしてみてほしい。ただ安いだけのものを買ったり、不要なもの買うと損するので注意!

スポンサーリンク









スポンサーリンク

ニンテンドースイッチのゲーム実況用キャプチャーボードを買う際の注意事項

お金がないなら任天堂のアップデートを待とう

©Nintendo

【10/19追記】本日のアップデートで、「キャプチャーボタン」を長押しすると、動画が撮れるようになった。録画時間は最大で30秒だ。また、録画できるのは一部ソフトに限られる(※)。有名どころのソフトはカバーされているので、ごく短い時間の動画でいいなら、このキャプチャ機能でOKだと思う。

【録画機能対応ソフト】

  • ゼルダの伝説 ブレスオブザワイルド
  • マリカー8 デラックス
  • ARMS
  • スプラトゥーン2
  • スーパーマリオオデッセイ
スイッチ本体への録画機能実装前の情報

まず大前提として、ニンテンドースイッチ本体のキャプチャ機能では2017/8/24現在、動画の録画はできない。ゲーム画面の画像キャプチャ機能のみの対応だ(上の画像のキャプチャボタンを押せばキャプチャできる)。

ただ、任天堂は今後のアップデートで、ニンテンドースイッチ(Nintendo Switch)本体のキャプチャ機能を使って動画のキャプチャができるようにしていくと発表している。このため、すぐにニンテンドースイッチ(Nintendo Switch)でゲーム実況をしたい!という方以外は、本体に機能追加されるのを待てばOKだ。

 

ただ、ニンテンドースイッチ本体の録画機能は、あくまでも30秒しか対応していないので、

  • 「実況をつけてYoutube、ニコニコに投稿したい!」
  • 「スプラトゥーン2やスーパーマリオオデッセイなどの有名ソフト以外の、録画未対応ソフトのゲーム実況動画を撮って配信したい!」
  • 「30秒じゃ満足できない!がっつり録画したい!」

というかたは、『キャプチャーボード』を購入する必要がある

 

ニンテンドースイッチ(Nintendo Switch)と録画機器『キャプチャーボード』の繋ぎ方

©Nintendo / ©Sknet corporation

ニンテンドースイッチ(Nintendo Switch)で動画を録画するには、上の画像のようにニンテンドースイッチ、キャプチャボード、PCを繋げば良い。

見て分かるとおり、接続はかなり簡単だ。繋ぎ方で迷うことはまずないと思う。注意点としては、ニンテンドースイッチ⇔キャプチャーボード間の接続はHDMIであることくらいだ。

 

ニンテンドースイッチのゲーム実況に必要なキャプチャーボードの機能

ニンテンドースイッチ(Nintendo Switch)でスプラトゥーン2などを録画してゲーム実況をするのに必要な機能は3つある。

ニンテンドースイッチのゲーム実況に必要な機能
  1. 【必須】HDMI接続
  2. 【ほぼ必須】パススルー出力
  3. 【生放送・ライブ配信するなら】ソフトウェアエンコード

これから上記の各項目を、1つずつ簡単に紹介する。

【必須機能】HDMI接続

ニンテンドースイッチ⇔キャプチャボードを繋ぐ線の形式はHDMI接続のみ対応だ。コンポーネント端子にしか対応していないキャプチャーボードでは録画できない。

古いキャプチャボードや、数年前に流行った激安キャプチャーボードはコンポーネント端子にしか対応していないものがある。これらはニンテンドースイッチ(Nintendo Switch)の録画には使用できない。

(参考)コンポーネント端子

 

【ほぼ必須機能】パススルー出力機能

パススルー出力機能とはゲーム画面をPCだけでなくTVにも出力する機能だ。このパススルー出力機能を使う際は、下図のようにキャプチャーボードとTVをHDMIケーブルで繋ぐ。

©AVerMedia Technologies Inc. 

では、なぜこの機能が必要なのか。一言で言うと『タイムラグ対策』だ

キャプチャボードは、上手のようにゲーム機とPCの間に挟んで使う。そして、プレイヤーが操作すると同時に、PCとキャプチャーボードはゲーム画面をリアルタイムで加工して録画していく。同時にPCにゲーム画面を出力する。

動画を加工したり保存したことがあるならわかると思うが、動画というのは非常にデータ量が大きい。それをリアルタイムで加工しているので、よっぽどPCのスペックが高くない限り、PCに映るゲーム画面とコントローラーによる操作との間にはタイムラグが生じる。

タイムラグはゲームをプレイする際かなりのストレスになる。

パスルルー出力機能があれば、TV画面には通常通り、操作との間にラグが無い状態でゲーム画面が出力される(ようは、TV側は加工せずそのまま出力・PC側は加工して出力と出力先をわけてラグをなくす機能)。

このため、タイムラグ無くプレイしたければパススルー出力機能は必須となる。

 

【生放送・ライブ配信するなら必要な機能】ソフトウェアエンコード

3つめの要素、ソフトウェアエンコードは生放送(ライブ配信)する場合に必要だ。では、このソフトウェアエンコードとは何か。簡単に説明する。

ただ、これがを知るにあたり、動画キャプチャを使った録画の仕組みをざっくりと知っておかないといけない。めんどくさいと思うが、簡単にまとめたのでさくっと読んでみて欲しい。

■動画キャプチャの録画の仕組み

  1. ゲームの動画をキャプチャボードで加工する。
  2. 上のキャプチャボードで加工したままのデータではデータ量が大きすぎるので、データを圧縮(エンコード)する。
  3. 圧縮した録画データをPCに保存する。

この中の2番、データ圧縮をPCで行うことをソフトウェアエンコードという。反対に、キャプチャボードでするものをハードウェアエンコードという。

ソフトウェアエンコードとハードウェアエンコードのメリットデメリットは次の通り。

ソフトウェアエンコード

【メリット】PCでのゲーム画面⇔実際のプレイ操作間でのタイムラグが少ない

【デメリット】PC側でエンコード(データ圧縮)するので、高画質の動画を撮る場合PCにも相応のスペックが要求される(※)。

※Youtubeでの再生画質である720p/30fpsや460p/30fpsであればよっぽど低スペックのPCでなければ大丈夫だと思う。

ハードウェアエンコード

【メリット】データ圧縮(エンコード)をキャプチャーボードで行うのでPCのスペックがあまりよくなくてもゲーム動画の録画ができる。

【デメリット】キャプチャーボードでエンコード(圧縮)までするので、PCにデータが送られてくるまでに時間がかかる。結果としてタイムラグがかなり発生する。

それぞれ特徴はあるが、生放送・ライブ配信するなら画面と音声や操作にタイムラグがあると話にならないのでソフトウェアエンコードのキャプチャーボード一択だ逆に、生放送・ライブ配信する可能性がゼロなら、ハードウェアエンコードのものでもいい(音声⇔画面のラグは編集で直そうと思えば直せる)。

なお、生放送・ライブ配信するかわからないなら、とりあえずソフトウェアエンコードのものを選んどけばいいんじゃないかと思う。

 

ニンテンドースイッチのゲーム動画録画に必要な機能まとめ

ここまでで、ニンテンドースイッチ(Nintendo Switch)のゲーム実況に必要な3つの機能を紹介した。

ニンテンドースイッチのゲーム実況に必要な機能
  1. 【必須】HDMI接続
  2. 【ほぼ必須】パススルー出力
  3. 【生放送・ライブ配信するなら】ソフトウェアエンコード

ここまでで紹介したように、全ての機能が必須と言うわけではない。ただ、どうせ買うなら全て備えているほうがベターだ。

ここから、今まで紹介してきた内容を踏まえてニンテンドースイッチのゲーム動画を録画するにあたり、

  • 買ってはいけないキャプチャボード
  • おすすめのキャプチャーボード

を紹介していく。

ニンテンドースイッチのゲーム動画が録画可能 / 録画不可能なキャプチャーボード

録画不可能なキャプチャーボード【GV-USB2】

数年前、大流行したキャプチャーボード。数千円台と、キャプチャーボードにしてはとにかく安い。が、HDMI接続ができないので、ニンテンドースイッチの動画キャプチャには使えない。

 

スイッチの動画を録画可能なキャプチャーボード【MonsterX U3.0R】【GC550】

次に、ニンテンドースイッチ(Nintendo Switch)の動画録画におすすめのキャプチャーボードを2つ紹介する。

どちらもこれまで紹介してきた3つの必要機能『HDMI接続』『パススルー出力機能』『ソフトウェアエンコード』に対応している。

2つの違いとしては、GC550のほうが高機能ということがあげられる(もちろん、その分値段は若干高い)。2つのキャプチャーボードの大きな違いは次の3つだ。

GC550とMonsterX U3.0Rの違い
  • コンポーネント端子の有無(赤緑青の線。WiiとPS3の録画に必要)
  • 専用の録画ソフトが使いやすいかどうか
  • ハードウェアエンコードにも対応しているか

GC550はコンポーネント端子も備えており、ソフトウェアエンコード・ハードウェアエンコードどちらでも使える。また、MonsterX U3.0Rの録画ソフトはかなり使いにくい(※)。

※GC550と違い、MonsterX U3.0Rの付属録画ソフトはゲームの音と実況の声を同時に録音する機能がないのでBandicam[バンディカム]などのキャプチャソフトを導入するとよい。Bandicamはとにかく操作が簡単なので初心者向けだ。

Bandicamには無料版と製品版がある。無料版は『①連続録画時間が10分まで ②Bandicamのロゴが動画内に入る』という制限があるが、機能は全て使えるのでとりあえずこちらを利用して使い勝手を試してみればいいと思う。

 

このため、次のようなかたはGC550がおすすめだ

  • コンポーネント端子で接続するWiiやPS3のゲーム実況もするかも
  • 録画ソフトは使いやすいものがいい!
  • PCスペックが少し不安

 

逆に次のようなかたにはMonsterX U3.0Rがあっていると思う。

  • ニンテンドースイッチの実況ができればOK。
  • 録画は多少手間がかかっても安いものがいい!

 

 

お好みに合わせてどうぞ。

 

(参考)コンポーネント端子が必要なハード

  • PlayStation 3
  • PlayStation 2
  • Wii

※GC550はPlayStation 3専用接続線を同梱している

 

動画キャプチャーボード『GC550』の特徴

GC550はMonsterX U3.0Rより値段は高いものの多機能だ。また、パススルー出力機能を使わなくても操作⇔画面間でほぼラグがでない。

今後ゲーム実況でいろいろ試したいことがあるならこれがおすすめ。とりあえずほぼなんでもできるので。



※※ゲームの周辺機器を買うときにドスパラはあまり利用しない人もいると思うが、キャプチャボードについてはPCの周辺機器という扱いなのでPCショップのドスパラはかなり強い。ただ、GC550については、調べたところAmazonもなかなかお得だった。

■GC550についてより詳しく知りたい方はこちら
>>キャプチャーボードGC550の特徴と使い方・配信の流れを解説

 

動画キャプチャーボード『MonsterX U3.0R』の特徴

MonsterX U3.0Rの場合、ゲーム画面をTVに出力するパススルー出力機能を使わないと、操作と画面の間にすこしラグが出る。ただ、ちょっと気になる程度で耐えられないほどのラグではない。また、パススルー機能を使えば当然問題はない。

機能より値段優先で、最低限の機能があればOKならこれがおすすめだ。

 

 

MonsterX U3.0Rもドスパラはかなり強い。少なくとも俺が調べた中ではドスパラが安かった(2017/7/16時点)

■MonsterX U3.0Rについてより詳しく知りたい方はこちら
>>キャプチャーボードMonsterX U3.0Rの特徴と使い方解説

 

2つの動画キャプチャーボードについて補足

紹介したキャプチャーボードは2つともPCとの接続方式は『USB3.0』だ。PCの接続口が『USB2.0』しかない場合は接続できないので注意。

(参考)USB3.0かどうかの確認方法

USB接続規格を確認する方法として、一番簡単なのは、PCのUSB接続口を見ることだ。青色だったら、9割方『USB3.0』。

■USB3.0

 

■USB2.0

ただ、これだと100点にはならない。やんちゃなメーカーはUSB3.0なのに接続口を青色にしていなかったりすることがある。

そのため、次にPCでデバイスマネージャーを開いてほしい(※Windowsキー+Xボタンを押して開く画面でデバイスマネージャーを選ぶ)。

そうして開いた画面で『ユニバーサルシリアルバスコントローラー』を開く。すると、次のようにUSB 3.0なり、表示がされているはずだ。

ここに、USB3.0~と書いていない場合は、残念だが紹介したキャプチャーボードは使えない。他のキャプチャーボードを検討した方がいい。

ただ、USB2.0はそもそも、転送速度がUSB3.0よりかなり劣る(理論値で言うと、10分の1以下)ということを認識しておいてほしい。

タイプ 転送速度(理論値)
USB3.0 最大5Gbps
USB2.0 最大480Mbps

今後ゲーム機・ソフトのスペックが上がっていくことを考えればUSB2.0接続のキャプチャーボードはあまりおすすめできない。

ニンテンドースイッチの動画録画用キャプチャーボードのまとめ

今回はニンテンドースイッチの動画をYoutubeやニコニコ動画に投稿するためにゲーム画面を録画する方法について紹介した。

どちらも2万円前後の値段がするが、この夏はスプラトゥーン2やマリオオデッセイをはじめとする人気タイトルが出てくるので、発売後迅速に動画投稿すれば、その動画の収益で取り返すことも難しくはないと思う。

(参考)Youtubeの動画収益で2万円稼ぐのに必要な再生回数

約20万再生(Youtubeは1再生=約0.1円なので。ニコ動にも投稿すればもうちょい速く回収できるとはおもう)

スプラトゥーン2などのゲーム動画の場合『発売後注目が集まっているうちにアップする』『迅速かつコンスタントに動画をアップする』ことが重要だ。

なので、ゲーム実況をチャレンジしてみたいソフトがあるならお早めに。ほかのソフトに注目が移ってから動画をアップしても遅いので。

スポンサーリンク









スポンサーリンク


スポンサーリンク









スポンサーリンク


人気記事

どこ安い?モンハンワールド(MHW)予約価格比較&購入特典まとめ
©CAPCOM ついにモンハンシリーズの最新作『モンスターハンターワールド(MHW/モンハンワールド)』の予約受付が開始された。さらに、ソフト単品のものだけではなく、フィギュ
9分でわかる!スイッチのプロコンとジョイコンの違い~スプラ2目線で比較~
ニンテンドースイッチ本体に元からついている『Joy-con(ジョイコン)』を使っていて、こんなことを思ったことはないだろうか? 「ちょ、なんか薄すぎて押しにくい!
ニンテンドースイッチ録画に!ゲーム実況動画用キャプチャーボードならコレ
©Nintendo この記事はニンテンドースイッチ(Nintendo Switch)本体やスプラトゥーン2などのソフトを買ったのをきっかけに、こんなことを思っているかた向けの
良いことだけじゃない!Amazonプライムのメリット・デメリットまとめ
Amazonの会員サービス、Amazonプライム(アマゾンプライム)。年会費はかかるものの、動画や音楽が見放題だったり送料が無料になったりするかなりおいしいサービスだ。
どこ安い?マリオ+ラビッツ キングダムバトルの予約価格・特典を比較する
©Nintendo © 2017 Ubisoft Entertainment. 海外で人気のUbisoftのキャラクター『ラビッツ』がマリオとコラボしたシミュレーションゲー
ニンテンドースイッチ百万台記念!PS4や歴代ハードと突破週数比較した
ニンテンドースイッチ(Nintendo Switch)の国内販売台数が100万台をついに突破したようだ。突破にかかった週数は17週だ。 発信元は任天堂ではなくファミ通

コメントを残す




CAPTCHA