TOPICS

ニンテンドーラボが予約受付開始!>>Amazon楽天ブックス

(参考)ニンテンドーラボの予約価格比較

スイッチの新しい遊び、ニンテンドーラボの評価『子供と遊ぶのにおすすめ!』

©Nintendo

任天堂から、ニンテンドースイッチを使った新しい遊び『ニンテンドーラボ』が発表された!内容は、段ボールを使ってスイッチ用のコントローラーを自作し、遊ぶというものだ。メインターゲットは、小学生。これを作ることで、楽しみながら物の構造を学べる。

これまでも、ゲーマー向けではなく、それまでゲームをしてこなかった層やファミリー層にゲームを広めてきた任天堂らしい、新しい遊びだと思う。今回は、この『ニンテンドーラボ』の遊び方や、今後の展開についてのリリース内容、そして個人的な思うところをまとめていく。

スポンサーリンク









スポンサーリンク

ニンテンドースイッチの新しい遊び『ニンテンドーラボ』の遊び方と内容

©Nintendo

ニンテンドースイッチの遊び、『ニンテンドーラボ』の遊び方と内容を順に紹介する。

 

ニンテンドーラボでは、スイッチのコントローラーを自作して遊ぶ!

©Nintendo

『ニンテンドーラボ』の遊び方の流れは次の通りだ。

  • ジョイコンを差し込むコントローラー『Toy-con(トイコン)』を自作する
  • 『Toy-con』を使ってニンテンドースイッチで遊ぶ

「え、わざわざコントローラー作らないと遊べないの?」と思うかも知れない。結論から言うと、その通り。ゲームで遊ぶ前に、『まず作る』工程が必要だ。「めんどくさ」と思う人もいるかもしれない。でも、個人的にはワクワクした(この遊びのメインターゲットは小学生だが、工作が好きな大人なら、自分と同じようにワクワクすると思う。)。

自分でピアノや釣り竿、そしてロボットの操縦スーツ(?)、を作る。そしてそれをニンテンドースイッチと合わせて使うと、演奏ができ、釣りができ、ロボットを操縦できる。自分で一から作ったコントローラーで遊ぶので、「できた!」「動かせた!」ときの喜びも大きいだろう。

しかも、この『ニンテンドーラボ』の工作は、なかなか本格的で、たとえばロボットを操縦するキットなら、動かす際に、ウデに負荷がかかるよう、ゴムが仕込まれ、伸び縮みするようになっている。

©Nintendo

ニンテンドースイッチで遊びながら、「こうやって作れば、こんな風に動くものが作れるんだ」ということが学べる。さらに、仕組みがわかれば、自分で遊びを発明していくこともできるようになっている、とのことだ。自分がやりたいのもあるけど、ぜひ子供にこういうので遊ばせてあげたい。「モノ作り」特有の「わかった!」「できた」という喜びを、楽しみながら体験できそうなので。

©Nintendo
 

ニンテンドーラボの第一弾は4月に発売!内容は『バラエティキット』と『ロボットキット』の2つ

『ニンテンドーラボ』のキットとして発売される第一弾は、次の2つだ。

  • ピアノや釣り竿、バイクなど計5種類の『Toy-con(トイコン)』を作る『バラエティキット』
  • ロボットの『Toy-con(トイコン)』を作る『ロボットキット』

工作の難易度は低いが、色々なものが作れる『バラエティキット』と、難易度は高いが、複雑で巨大なものができる『ロボットキット』。子供にまず買ってあげるなら、『バラエティキット』で、やり方がわかって、子供の工作スキルも上がったら、『ロボットキット』に挑戦させてあげる、というのもありかもしれない。

 

小学生がいる家族を対象に、『ニンテンドーラボ』の先行体験会が2月に実施予定!

ニンテンドーラボを先行体験できる『ニンテンドーキャンプ』が2月に東京・大阪で実施される。具体的な場所とスケジュールは次の通りだ。

東京・渋谷 2/17 2/17:午前 2/17:午後
大阪・梅田 2/24 2/25:午前 2/25:午後

エントリーには、保護者のTwitterアカウントと、ニンテンドーアカウントが必要だ。〆切は1/31と期間が短いので、「子供に、わくわくしながらモノ作りを楽しんで欲しい!」「一緒に工作を楽しみたい!遊びたい!」というかたは、公式ページから応募してみてはいかがだろうか。開催日は、きちんと休日に設定してくれているので。

>>任天堂公式ページ

ニンテンドーラボでモノ作りの楽しさを体験できる!…将来の技術者確保も考えているのかも

ニンテンドーラボは、「モノ作り」の楽しさを、小学生はもちろん、大人にも味あわせてくれる。ニンテンドーラボで遊ぶうちに自然とモノの作り方を学べることは、子供の可能性を広げる上でも、とてもいい遊びだと思う。子供に、ぜひ遊ばせてあげたい。ゲームの中で遊ぶだけでなく、実際にモノを作って遊ぶ体験はホントに貴重な体験になると思う。

また、このニンテンドーラボは、与えられたToy-con(トイコン)で遊ぶだけではなく、最終的には自分でゲームを開発するところまでできるようになっているようだ。任天堂は、最終的にはユーザーが作ったゲームをユーザーが遊ぶ、というところまで考えているんだろう(マリオメーカーの発展版のイメージか?)。そして、人に自分で作ったゲームで遊んでもらう喜びを感じた子供が、将来任天堂、日本の技術者になるところまで考えているのかもしれない。

ニンテンドーラボは、ゲーム自体の面白さもだが、これからの発展性にワクワクした(任天堂も思いも寄らないゲームを作る人がでてくるかもしれない。トイコンで遊んで「作る喜び」を知った子供が、将来とんでもない発明をするかもしれない)。

すぐにでも、子供と一緒に遊んでみたい。発売が楽しみで仕方ない。

 

※各店舗での予約価格を知りたいかたは、以下記事をどうぞ。

スポンサーリンク










スポンサーリンク


スポンサーリンク









スポンサーリンク


コメントを残す




CAPTCHA