今もなお愛されるニンテンドー64の神作!スーパーマリオ64の感想

こんにちは、ナビ夫だ。

©Nintendo

この記事では、ニックネーム『匿名希望』さんからお寄せ頂いたスーパーマリオ64の感想を紹介する。

スーパーマリオ64はマリオシリーズ初の箱庭マリオ(3D世界を自由に動き回るシリーズ)で、もう20年も前のソフトになるが、発売された当初の衝撃はいまも記憶にあるソフトだ。

スポンサーリンク









スポンサーリンク

感想の前のざっくり説明|スーパーマリオ64ってどんなゲーム?

©Nintendo

スーパーマリオ64はニンテンドー64用ソフトとして1996年に発売され、日本で約192万本、全世界で1189万本の売り上げを記録しました。

本作はスーパーマリオシリーズ初の3Dアクションゲームです。おなじみのクッパにさらわれたピーチ姫を探し出すため、各フィールドに散らばったパワースターを集めます。そしてクッパを倒すのがこのゲームの目的です。

 

実際にプレイして感じたマリオ64の魅力

©Nintendo

実際にプレイして面白かったところは、まず多彩なアクションです。ジャンプはもちろんパンチやキックなど基本的な動作に加え、バック宙と走り幅とびといったダイナミックなアクションも行うことができます。この要素は3Dアクションゲームになったマリオの面白さの幅を広げています。

立体的で色々なステージの中でマリオが縦横無尽に走り回り各地に隠されたパワースターを探す楽しさは、現代のアクションゲームの礎となっており全世界から高い評価を得ています。

中にはパズルゲームのような謎解き要素も含まれておりプレイしていて飽きない作りになっていて時間を忘れてプレイし続けてしまいます。またBGMも各ステージにあった曲が流れ、砂漠や水中などの雰囲気をより楽しむことができます。

さらにクリア後のやりこみもマリオ64の魅力の一つです。すべてのスターを集めたり、どれだけ速くクリアできるか(いわゆるスピードアタック・タイムアタック)とやり込み要素が多彩です。

特にタイムアタックは、発売から20年経った今現在でも記録は更新されつづけています。多彩なアクションを応用した最短効率移動法やバグ技を利用した短時間クリア方法が日夜研究され実践されています。

これは日本国内にかかわらず世界規模で競い合われています。そのスーパープレイに魅せられた人々が感化され、プレイ人口を増やし、熱中してゲームプレイしています。

スーパーマリオ64の欠点

©Nintendo

スーパーマリオ64の欠点は3D画面による画面酔いが引き起こされる可能性があることです。高い自由度と立体的に動く視点によって3Dアクションゲームに不慣れな人は画面の変化に気持ち悪く感じる人がいる可能性があります。そこは注意が必要です。

あとは、ほんの少し難易度が高く感じるステージがあることです。

特に水中のステージでは地上とは異なり泳ぐ必要があり、水中ではふわふわした移動になるので急ブレーキや方向転換が思ったよりも難しくなります。さらに水中に潜っていられる時間も限られていてマリオの息が続かずゲームオーバーなんてこともよくあります。

ただ、クリア不可能というレベルではないので、ある程度スーパーマリオ64に慣れてきたら問題なく最後までクリアできると思います。

 

感想まとめ|スーパーマリオ64はこんな人におすすめ

©Nintendo

ゲーム初心者からやりこみ好きなゲーマー気質の人などすべての人に向いていると思います。

このゲームを制作したのは任天堂です。任天堂のソフトは、そのほとんどが『誰にでもプレイできること』を心がけて作られており、すべての人が楽しめるように配慮されて丁寧に作りこまれています。

ただ、本作『スーパーマリオ64』をプレイするにはニンテンドー64の本体も準備する必要があります。移植版もいくつか出ていますが私は64版の方でプレイすることをおすすめします。

今のゲームには無い、味のある3Dオブジェクトやニンテンドー64の出力する独特の色づかいが楽しめます。ニンテンドー64には他にもゼルダの伝説やスマッシュブラザーズなどの名作ゲームもそろっています。

興味があったら一緒にプレイしてみるのもいいかもしれません。先ほど紹介したように、全世界で盛り上がりのあるゲームで、語りつくせないほど多くの魅力が詰まっています。プレイして後悔はない歴史的傑作であることは間違いないでしょう。ぜひプレイしてみてください。

※スーパーマリオ64をプレイしてみたい方への管理人注釈

現在Amazonや楽天でもニンテンドー64は発売されているが、新品はかなり高いので中古がオススメ。中古なら本体+ソフト合わせて1000円~2000円程度で揃えることができる。また、WiiUダウンロード版もあるので、参考までに。

▼箱庭マリオ最新作『スーパーマリオオデッセイ』の記事▼

スポンサーリンク









スポンサーリンク


スポンサーリンク









スポンサーリンク


コメントを残す




CAPTCHA