良いことだけじゃない!Amazonプライムのメリット・デメリットまとめ

 

こんにちは、ナビ夫だ。

Amazonの会員サービス、Amazonプライム(アマゾンプライム)。年会費はかかるものの、動画や音楽が見放題だったり送料が無料になったりするかなりおいしいサービスだ。

ただ、このAmazonプライムについてネットで調べると『デメリットはありません!』『誰でも年会費のもとは取れるおすすめサービスです!』的な記述をちょくちょく見かける。

そんなわけがない。デメリットはあるし合わない人もいる。もうちょっと本音でダメなところも暴露しようぜ。それでこそ個人サイトの意味があるじゃないか。こんなことを思ったので、その気持ちをぶつけてAmazonプライムの特徴やメリットデメリットを本音で紹介する。

なお、この記事はしっかりデメリットも書くのでAmazonプライムに対して厳しい部分もある記事になるが、おれは基本Amazonプライムはいいサービスだと思っている。ただ、誰にでも合うサービスではなく、得になる人を選ぶサービスではあると思う次第だ。

※学生のかたは学生限定の『Prime Student(プライム スチューデント)』のほうが得なのでそちらをどうぞ。

>>Prime StudentとAmazonプライムの違いを比較した記事

>>Prime Student公式ページ

スポンサーリンク









スポンサーリンク

Amazonプライム(アマゾンプライム)の会員特典・特徴7つ

それではまず『Amazonプライムってそもそもどんなサービスなのか』ということでその特徴を7つ紹介する。

Amazonプライムの特徴7つ
  1. 年会費・月会費がかかる
  2. プライム会員限定セールや先行参加できるセールあり
  3. 動画配信サービス『プライムビデオ』が利用可能
  4. 音楽聞き放題の『Prime Music(プライムミュージック)』が利用可能
  5. kindle(キンドル)の本が月1冊無料
  6. 少額注文でも送料無料
  7. お急ぎ便・お届け日指定便も送料無料

※筆者は電化製品やニンテンドースイッチ・PS4のソフトなどの購入をメインとしてAmazonを使っている。このため食材宅配サービスの『Amazonフレッシュ』などは興味がないので割愛する。『Amazonフレッシュ』などについても詳しく知りたい方は直接公式サイトでサービス内容をご確認どうぞ。

▼Amazonプライム公式サイトへ▼

Amazonプライムは年会費・月会費がかかる

まずは大前提。Amazonプライムは有料会員サービスだ。費用がいる。会費の支払いパターンは次の2つだ。

  • 年会費:3900円(1ヶ月325円)
  • 月会費:400円

年ごとに支払うほうが月ごと75円=年900円割引になる。ただ、計約の途中で解約した場合も解約時に月割りはされず、Amazonの仕組みで計算(※)される。

Amazonプライムは初月無料なので、その間に試して「このサービスなら、まず1年は使うと思う!」と感じたなら年契約にすればいいし、「1年は使わないかも。途中解約するかも」と思うなら月ごとの契約にするといいと思う。

※どれだけ利用したかによって返金額が変わる模様。まったくプライム会員の特典を使っていない場合は全額返金だが、これだけ使うとこれだけ返金、と明記されていない。

参考:Amazonプライム 会員登録キャンセルについてのヘルプ

 

Amazonプライム会員限定セールや先行参加できるセールあり

Amazonでは定期的にタイムセールを行っている。そしてその中にはプライム会員限定で行われるセールもある。たとえば、会員限定セールでもっとも有名なのが年に一度の『PrimeDay(プライムデー)』。今年2017年の『PrimeDay(プライムデー)』では現在再販待ちとなっているニンテンドースイッチも発売された。

また、プライム会員限定ではない通常のタイムセールでも、30分早くセールに参加することができる。人気商品・お得な商品はその先行販売の30分で売り切れるので、このメリットはかなり大きい。

 

動画配信サービス『Primeビデオ(プライムビデオ)』が利用可能

Amazonプライムに加入していると、Amazonの動画配信サービス『Primeビデオ(プライムビデオ)』で映画やドラマ・アニメが無料視聴できるようになる。

Primeビデオ(プライムビデオ)で見れる作品例

  • アニメ:ポケモン・鋼の錬金術師・ガンダムUC・化物語
  • 映画:真夏の方程式・ライアーゲーム・ブラッド・ダイヤモンド
  • ドラマ:SPEC・JIN-仁-・プリズン・ブレイク

※2017/8/28時点のもの。今後も放送されると保証するものではない。

さすがに作品数はdTVなどの動画配信サービスには叶わないが、数ある特典の1つとして考えるとかなりお得なサービスだ。特にアニメ(アニメ原作のドラマ・映画含む)は全体の作品数のわりに数が多く、他の動画配信サービスと比べても強い印象がある。

 

【ほかの動画配信サービスとの作品数・会費比較】

サービス名 会費 作品数
プライムビデオ 325円 約2万
dTV 525円 約12万
Hulu 933円 約12万
U-NEXT 1990円 約3万

※2017年1月時点

 

音楽聞き放題の『Prime Music(プライムミュージック)』が利用可能

Amazonプライムに入会すると音楽聞き放題の『Prime Music(プライムミュージック)』も使える。100万曲以上提供されておりボリュームも十分あるサービスだが、こちらもAmazonプライムビデオ同様、追加料金なしで利用できる。

 

プライム会員ならkindle(キンドル)の本が月1冊無料

Amazonの電子書籍用タブレット『kindle(キンドル)』で見られる電子書籍も月1冊無料だ。この無料になる本のラインナップの中には1000円を超えるものもざらにあるので、『kindle(キンドル)』を利用している人なら簡単に年会費のもとが取れると思う。

というか、『kindle(キンドル)』買うならプライム会員になっていないと間違いなく損。

 

Amazonプライムに加入していれば少額注文でも送料無料

Amazonの商品送料は2000円以下の少額注文であれば通常は350円の配送料がかかる。でも、Amazonプライム会員の場合は注文金額が2000円以下でも無料だ。Amazonで小物・日用品をこまめに買う人にメリットの大きい特典だと思う。

 

Amazonプライム会員ならお急ぎ便・お届け日指定便も送料無料

Amazonプライム会員になると通常配送料だけではなく、次の配送オプションを選択した場合の配送料も無料になる。

【Amazonの配送オプションと配送料】

配送オプション 配送料
お急ぎ便 360円
当日お急ぎ便 514円
お届け日時指定便 360円

早く届けて欲しいせっかちな人や、仕事で受け取れないので日時指定したい人向けの特典だ。

 

Amazonプライム会員のデメリット・注意すべき点4つ

次に、Amazonプライムに実際に加入して感じたデメリットを4つ紹介する。

Amazonプライムのデメリット・注意点
  1. プライム会員への特別割引はない
  2. 無料期間終了後、契約が自動更新される
  3. 電子書籍無料レンタルサービスは『kindle(キンドル)』購入が必要
  4. 2000円以上注文すればプライム会員以外も送料無料

デメリット1:Amazonプライム会員限定の割引はない

Amazonプライム会員になっても商品代金が割引になると言うことはない。また、ポイントなどが増えるわけではない。年会費が有料であるにも関わらず代金割引もポイント付与もない。

会員限定セールはあるので、それを利用することで商品購入価格を抑えることができるが、通常の買い物では商品価格は変わらないというのは注意しておきたい。

 

デメリット2:無料期間が終わると契約が自動更新される

Amazonプライムは加入当初1ヶ月の会費は無料だ。このため、まずはお試しでAmazonプライムに加入する人は一定数いると思う。かくいうおれもそうやってかつて加入した。

でもここにトラップがある。Amazonプライムでは1ヶ月間の無料期間が終了すると、自動で有料のAmazonプライム会員へと更新されてしまう。『無料だし』と試しに加入してみてから放置していると、いつの間にか会費が発生しているというわけだ。

どっかの携帯会社か!

このやらしい契約方法は、Amazonプライムを試す上での注意しておきたいデメリットなので利用検討しているなら覚えておいてほしい。

※参考:Amazonプライムの退会方法のページ

 

デメリット3:電子書籍無料レンタルサービスはkindle(キンドル)購入が必要

特徴のところで紹介したように、Amazonプライムでは月1冊まで電子書籍が無料だ。ただ、この電子書籍を読むにはKindle(キンドル)端末が必要だ。

 

Kindle(キンドル)端末以外のタブレットでは、この電子書籍レンタル特典が活用できないので注意。

※Kindle(キンドル)端末を購入する予定があるならAmazonのタイムセールを狙うのがオススメ。数千円単位で割引になっていることがよくある。

 

デメリット4:2000円以上注文すればAmazonプライム会員以外も送料無料

Amazonプライムでは2000円以下の少額注文でも送料が無料になる。でも、裏を返せば2000円以上の注文をすればプライム会員じゃなくても送料無料なのだ。おれのようにゲームソフトや電化製品の購入をメインでAmazonを使う場合、購入価格が2000円を下回ることはほとんどない。

送料が無料になるという特典も、少額注文をあまりしない場合は意味がないので注意してほしい。

※仮にAmazonプライムの年会費(月325円・年3900円)を送料無料特典だけでもとを取るなら、2000円以下の注文を月1回はする必要がある。

 

Amazonプライムのデメリットまとめ

ここまでで、Amazonプライムのデメリットについて紹介した。

Amazonプライムのデメリット・注意点
  1. プライム会員への特別割引はない
  2. 無料期間終了後、契約が自動更新される
  3. 電子書籍無料レンタルサービスは『kindle(キンドル)』購入が必要
  4. 2000円以上注文すればプライム会員以外も送料無料

個人的に一番大きいデメリットは普段の買い物で割引が効くわけではないことだ。普段の買い物で割引がきくわけではないので、Amazonをよく使う=プライム会員になるべき!ということにはならない。

Amazonプライムの特典のメリットを把握して、そのメリットに年会費・月会費以上の魅力を感じたときにはじめて会員になればいいと思う。

では、Amazonプライムを使うとどのようなメリットがあるのだろうか。

 

 

Amazonプライムのメリット・お得な点

Amazonプライムを利用して感じたメリットを3つ紹介する。

Amazonプライムのメリット・お得な点
  1. 期間限定セールがお得
  2. 動画・音楽配信サービスが激安
  3. 電子書籍を利用するなら簡単にもとが取れる

メリット1:期間限定セールがお得

Amazonは定期的にタイムセールを行っている。そして先ほど紹介したように、Amazonプライム会員になると、このタイムセールにおいて2つのメリットがある。

  • プライム会員限定のタイムセールに参加できる
  • 通常のタイムセールでも一般の人の30分前からセールに参加できる

特にプライム会員限定のセールでは、普段は品薄で入手できない人気商品(たとえば今ならニンテンドースイッチやPSVRなど)も出品される。さらに、電化製品・キンドル関連商品はよくセールの目玉に据えられて、数千円の値引きが実施される。かなりお得だと思う。

このため、おれのように争いの激しいゲームや電化製品をよく購入する人にとってはこのセールにおけるAmazonプライム会員のメリットは非常に大きい。

 

メリット2:動画・音楽配信サービスが激安

Amazonプライムに加入するだけで、動画配信サービスの『プライムビデオ』や音楽聞き放題の配信サービス『Prime Music(プライムミュージック)』が使える。

普通、動画・音楽配信サービスはそれぞれで500円~程度/月の値段がかかる。それがAmazonプライムでは合わせて300円ちょっとしかかからない。作品数・曲数はさすがにそれ専用のものに比べると少ないものの、『ちょっとだけ』『たまに』利用するという使い方なら、他のサービスを寄せ付けない値段だと思う。

【ほかの動画配信サービスとの作品数・会費比較】

サービス名 会費 作品数
プライムビデオ 325円 約2万
dTV 525円 約12万
Hulu 933円 約12万
U-NEXT 1990円 約3万

※2017年1月時点

 

【ほかの音楽配信サービスとの曲数・会費比較】

サービス名 会費 作品数
プライムビデオ 325円 約100万曲
LINE MUSIC 500~980円 約2500万曲
Apple Music 480円~1480円 約3000万曲
Google Play Music 980円~1480円 約3500万曲

※2017年8月時点

 

メリット3:電子書籍を使うなら簡単にもとが取れる

Amazonプライム会員になると毎月1冊、キンドル端末を利用して無料で電子書籍を読むことができる。この無料で読める電子書籍は、普通に購入すると1000円を超える本も多数含まれる。

このためキンドルで電子書籍を読むなら、Amazonプライム会員の会費(約300円/月)は簡単にもとが取れる。またキンドルのタブレットもメリット1で紹介したようにセールで割引になりやすい商品なので、こちらの購入にもAmazonプライムはお得だ。

 

Amazonプライムのメリット・デメリットまとめ

この記事では、おれが感じたAmazonプライムのメリットデメリットを紹介した。

デメリット・注意点
  1. プライム会員への特別割引はない
  2. 無料期間終了後、契約が自動更新される
  3. 電子書籍無料レンタルサービスは『kindle(キンドル)』購入が必要
  4. 2000円以上注文すればプライム会員以外も送料無料
メリット・お得な点
  1. 期間限定セールをお得に利用しやすい
  2. 動画・音楽配信サービスが激安
  3. 電子書籍を利用するなら簡単にもとが取れる

ご紹介したデメリットよりも、会員になって得られるメリットが大きいと判断した場合はプライム会員になってみては?1ヶ月無料で試せるので

▼Amazonプライム公式サイトへ▼

スポンサーリンク









スポンサーリンク


スポンサーリンク









スポンサーリンク


人気記事

どこ安い?モンハンワールド(MHW)予約価格比較&購入特典まとめ
©CAPCOM ついにモンハンシリーズの最新作『モンスターハンターワールド(MHW/モンハンワールド)』の予約受付が開始された。さらに、ソフト単品のものだけではなく、フィギュ
9分でわかる!スイッチのプロコンとジョイコンの違い~スプラ2目線で比較~
ニンテンドースイッチ本体に元からついている『Joy-con(ジョイコン)』を使っていて、こんなことを思ったことはないだろうか? 「ちょ、なんか薄すぎて押しにくい!
ニンテンドースイッチ録画に!ゲーム実況動画用キャプチャーボードならコレ
©Nintendo この記事はニンテンドースイッチ(Nintendo Switch)本体やスプラトゥーン2などのソフトを買ったのをきっかけに、こんなことを思っているかた向けの
良いことだけじゃない!Amazonプライムのメリット・デメリットまとめ
Amazonの会員サービス、Amazonプライム(アマゾンプライム)。年会費はかかるものの、動画や音楽が見放題だったり送料が無料になったりするかなりおいしいサービスだ。
どこ安い?マリオ+ラビッツ キングダムバトルの予約価格・特典を比較する
©Nintendo © 2017 Ubisoft Entertainment. 海外で人気のUbisoftのキャラクター『ラビッツ』がマリオとコラボしたシミュレーションゲー
ニンテンドースイッチ百万台記念!PS4や歴代ハードと突破週数比較した
ニンテンドースイッチ(Nintendo Switch)の国内販売台数が100万台をついに突破したようだ。突破にかかった週数は17週だ。 発信元は任天堂ではなくファミ通

コメントを残す




CAPTCHA