ドラクエ11(DQ11)|ラスボスは?エンディングは?【ネタバレあり】

こんにちは、ナビ夫だ。

※この記事はドラクエ11(DQ11)のネタバレを盛大に含む……というか、ネタバレしかないので注意。ネタバレが嫌いな方は『戻る』を押して読まないようにしてほしい。

 

 

 

これ以上進むと画像も出るので、ネタバレが嫌な人は注意

 

 

 

 

 

(C)2017 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.

ドラクエ11(DQ11)を昨日クリアした。まだ隠し要素などかなり先は長そうだが、一旦、エンディングを迎えたので本作のラスボスとその攻撃パターンや感想を紹介する。

 

スポンサーリンク









スポンサーリンク

ドラクエ11(DQ11)のラスボスはだれ?

(C)2017 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.

ラスボスは魔王『ウルノーガ』だ。世界中の命が集まる『大樹の魂』と元・勇者の剣(現在は魔王の剣に変えられている)をその手にした魔王だ。勇者の剣を持ったラスボスというのはなかなか斬新だと思う。しかし不細工である。

 

ドラクエ11(DQ11)|ラスボス第一段階:魔王ウルノーガ

第一段階は魔王ウルノーガのみ。

攻撃手段はメラゾーマ、アルテマソードなどと、オーブの力を使った攻撃だ。オーブの力を使った攻撃にはこんなものがある。

魔王ウルノーガのオーブの力を使った攻撃の例
  • 青の衝撃:パーティーにかかった補助を打ち消し
  • ゴールドアストロン:パーティーの2人を金のかたまりに変える(2人行動不能・2ターン)
  • クリムゾンミスト:パーティーが受けるダメージが増える

など。

攻撃方法は多彩だが、威力はそれほど高くないので第一段階はあまり苦労することはないと思う。実際おれもあっさりと突破できた。

 

ドラクエ11(DQ11)|ラスボス第二段階:魔王ウルノーガ&邪竜ウルナーガ

(C)2017 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.

ラスボスの第2段階は魔王ウルノーガと邪竜ウルナーガだ。邪竜ウルナーガ……だれだお前。ポッと出でラスボス務めるんじゃない。

最初はそれぞれが交互に前に出てくる。後ろに待機しているほうに攻撃することができないが、相手もたまに呪文を打ってくる程度なのでその段階は楽。

ただ、ある程度ダメージを与えると魔王ウルノーガと邪竜ウルナーガが同時に前に出てくる(ひょっとするとパターンの問題で、ダメージ関係ないかも。おれの時は邪竜ウルナーガが前→魔王ウルノーガが前→両方とも前、という順番だった)。

両方が前に来ると攻撃が苛烈になる。特に注意すべき攻撃は、魔王ウルノーガと邪竜ウルナーガがゾーンに入ったときに発動してくる『地獄陣』。

この『地獄陣』、発動した直後はダメージがない。だが、こちらのターンが回ってくると行動順が回った味方は、行動する前に100強のダメージを毎回受ける。それが2ターン続く。

その間、もちろん魔王ウルノーガと邪竜ウルナーガも攻撃してくる。この間は耐え時だろう。そして、地獄陣が消えてから一気に攻撃すればOKだ。

おそらく邪竜ウルナーガを先に狙ったほうがいいかな?

 

そして、魔王ウルノーガと邪竜ウルナーガを両方倒せば見事勝利。エンディングに突入する。

 

ドラクエ11(DQ11)|エンディングの内容は?

現在動画配信もNGなので、しばらくの間伏せておく(エンディング目的でこの記事を見てくれた方、誠に申し訳ない。いずれ解禁になったら追記します)。

 

【まとめ】ドラクエ11(DQ11)|ラスボスの強さは普通

(C)2017 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.

ラスボスはこれまでの歴代シリーズに比べて、取り立てて強いと言うこともなかった。普通に育成していればそこまで苦労しないと思う。というか、むしろ弱いほうなので、けっこうさっくりクリアできる。

ストーリーでのウルノーガの強さの演出を見るとかなりの強さに見えるんだが、ラスボス戦があっさり終わったのはけっこう肩すかしだった。この強さならもう1つ上の第3段階あってもいいと思うんだけどな。

ただ、この後に隠し要素&真ボスが待ち受けているので、そちらは強いかもしれない。

(C)2017 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.

また進めたら隠し要素&裏ボス(真ボス)についての記事も更新する(というか、いま隠し要素プレイ中だが、むしろそっちが本編の勢いで楽しい。いなくなってしまったあのキャラにもう一度会えてテンションがだだ上がり中だ)。

 

▼【追記】クリア後の要素について▼

▼裏ボス・真エンディングについて▼

スポンサーリンク









スポンサーリンク


スポンサーリンク









スポンサーリンク


コメントを残す




CAPTCHA