感想|メルカリで商品を出品する際のメリット・デメリット

こんにちは、ナビ夫だ。

© 2017 Mercari

最近CMとかでも目にするようになったフリマアプリ『メルカリ』。

なんとなくメルカリと聞くと『マナーが悪そう』といった印象を持ってないだろうか?

正直、マナーがよくない人もいる。ただ、そういう人が目立っているだけで多くは普通の人だ。というか、マナー悪い人ばかりのフリマだったら、国内ダウンロード数が5000万とかいかないだろう(2017/6/30のメルカリの発表より)。

そしてフリマアプリの中でもユーザー数が多く年齢層も20-30代が多いため、ゲ-ムソフトやIT関連商品を売るのなら、他のフリマアプリよりもおれの体感ではだいぶ売りやすい。

※他のフリマアプリとの比較はこちら >>おすすめはどれ?フリマアプリ比較

 

ただ、ご存じの通り、メリットばかりでもない。そこでここでは、実際にメルカリを使ってゲームを購入・売却している俺自身の体験をもとに、商品を出品する側から見たメルカリのメリット・デメリットを紹介する(※購入側視点でのメリット・デメリットも書いているので、購入もしたいかたはそちらもどうぞ)。

またあわせて、実際におれが体験したトラブルも紹介する。

 

スポンサーリンク









スポンサーリンク

【メルカリを使った感想・体験談】商品出品側のメリット・デメリット

メルカリに商品を出品する際のメリット・デメリットを紹介する。

メルカリを出品者側で利用する際のメリット

メルカリ出品者のメリット
  1. 中古のものでもある程度高く売れやすい
  2. 出品さえすれば売れる確率は高い

新しいゲームを買いたいけど、収納場所がない。このゲームはもう遊ばないし、捨ててしまおうか。でも、ただ捨てるのはなんかもったいない。

じゃあ、リサイクルショップに持っていって買い取ってもらうか?

ありだとは思うが、結構な確率で安い買い取り額になる。せっかくなら少しでも高く売ったほうがいいとおれは思う。

そんな時にメルカリが使える。こちらで価格設定ができるし、リサイクルショップのように極端に安い値段がつくこともない。けっこう高く売れる(これは正直言うと、メルカリユーザーの中に、ネットリテラシーがあまりない人も多いからだと思う。え、その価格で買うの?もうちょい相場安いほうがいいのでは?という値段でけっこうものが売れる)。

同じ『売る』なら高いほうがいいとおもう。なお、箱や説明書を残してあったり、傷や汚れがなければその分高く売れるので、持商品画像として一緒に写すか、説明に加えるといいと思う。

 

ただ、メルカリを使う上でなにも問題がないかと言えばそんなことはない。次にデメリットを紹介する。

 

メルカリを購入者側で利用する際のデメリット

出品者側のデメリット
  1. 出品に手間がかかる
  2. 購入者とのトラブルがたまにある

メルカリに商品を出品すると、やはりリサイクルショップに持ち込むよりは手間がかかる。手間がかかる主な要はこの2つだ。

  1. (出品時)写真を撮る
  2. (売却後)梱包する
写真撮影の手間について

「この商品を買いたい」と思わせる写真は意外に難しいものだ。

メルカリに掲載できる画像の枚数は最大4枚だ。なので、自分ならこんな情報が欲しい!という情報が載るように写真を撮るわけであるが、角度や見せ方など考えると結構時間をとられてしまう。

梱包の手間について

特にゲームなどの精密機器は梱包の手間がかかる。

適当に梱包すると運搬中に壊れてしまうかもしれないからだ。破損があったら、トラブルの購入者とのあいだでトラブルの原因になってしまう。

そうならないためにも、プチプチなどできちんと梱包して衝撃から守ったりしなければならない。プチプチなどの梱包材は100均やホームセンターで手軽に手に入るもので十分だが、それを買いにいく分、手間がかかる。

このように、メルカリで出品すると撮影と梱包に手間がかかる。

まぁ、その分リサイクルショップよりはほぼ確実に高く売れるので、手間はかけずに短時間で売りたい時はリサイクルショップ、手間をかけてでも高く売りたい時はメルカリ、とその時々にあわせて使い分けるといいと思う。

商品発送についての補足

購入者へ商品を発送するのは手間じゃないのか?と思う人もいると思うが、実はこれはあまり手間がかからない。PCや電話で連絡すれば佐川急便、ヤマト、ゆうパックなど宅配各社は自宅まで集荷に来てくれるからだ。

なお、ここでも店まで持ち込むという手間をかければその分持ち込み割引でお得になる(例:郵便局120円 クロネコヤマト100円)。こちらもメルカリを使うか?リサイクルショップを使うか?という問題と同様、手間をかければその分自分の利益が増える、という感じだ。

どこまで手間をかけるか?どこまで利益を求めるか?と考えて方法を選べばいい。

次にトラブルについてだ。

過去に俺は1回だけメルカリでトラブルに遭遇したことがある。それはこんなトラブルだ。

メルカリでおれの遭遇したトラブル

【状況】知り合いにもらったが趣味があわなかった新品未使用もブランド物のタオルを売却。新品だったため、箱のまま発送しようとしていた。

【購入者からの依頼】送料を購入者持ちにしていたから安くしたかったのだろう、購入者が箱から出して簡易包装で送ってくれと言ってきた

【おれからの確認】簡易包装だと商品が傷つく可能性がある。おれとしては箱入りで送ったほうがいいと思うが、どうしても簡易包装がいいのかと何度か確認した。

【購入者からの返信】どうしても簡易包装がいい。

【結果】購入者の意思に従って俺はしぶしぶ先方の言う通り簡易包装にして送った。すると、商品到着後に「破れていた。もっと気づかいしてほしい」とのクレームがきた。いや、だから何度おれが確認したと思っているんだ。ごり押しして簡易包装にしたのはあなただろう。あれほど念を押して確認したのに。

このように、簡易包装にしたことで相手と多少もめることになった。ただ結局、先方も『自分が言い出したことだから』と返品などはなく丸く収まった。

【振り返り】この時は事前に購入者と連絡をしっかり取り、何度も確認をとっていたから大事にならなくて済んだんだと思う。あえて言うなら、もう少し具体的に「簡易包装なので万が一破れていても責任とれませんがそれでもよろしいですか?」くらい言っていてもよかったかもしれない。

【まとめ】メルカリではこのように、「いや、それトラブルの元だろ」という提案を購入者側からされることがある。

ただ、今回おれがやったように事前に「トラブルになるかも」ということは相手に「トラブルになるかもよ、責任取れないけど、それでもその方法でいいの?」としっかり確認しておくことで、トラブルに巻き込まれる可能性はだいぶ減らすことができるとと思う。

実際、おれはメルカリで50回以上売り買いしているが、トラブルらしいトラブルはこの1回だけだ。

【メルカリを使う上での補足】

なお、値引き交渉が嫌!という人は『値引き交渉NG』と商品説明欄に書くことで手間を省けるので参考までに。

メルカリを出品側で利用する際のメリット・デメリットまとめ

© 2017 Mercari

メルカリを出品側で利用すると次のようなメリットデメリットがある。

出品者側のメリット
  1. 中古のものでもある程度高く売れやすい
  2. 出品さえすれば売れる確率は高い
出品者側のデメリット
  • 出品に手間がかかる
  • 購入者とのトラブルがたまにある

メルカリを利用するにあたり、「トラブルなんかない!それはネットの噂だけだ」とはおれは言えない。ショップのような業者ではなく、個人と個人でやり取りしている以上、トラブルはある程度起こりえるものだろう。

ただ、それは自分でしっかり気を付けていればある程度は防げる。また、メルカリはユーザ数が多いので、出品さえしてしまえば売れる確率は結構高いと思う。特におれがよく出品するゲームは買い手が多いと思う。

ただ、それでも「不用品の売却にそんなに手間をかけたくない!」という人はリサイクルショップやブックオフなどの中古ゲーム屋に売ればいいと思う。それが一番楽なのは間違いないし。

メルカリは『少しなら手間かけてもいいから売却価格を高くしたい』という人向けのアプリだ。

手間を多少かけてもいいという人は、どんな商品が出品されているのかまずは見てみるといいと思う。現在出品されているものを見れば、だいたい自分が出品しようと思っているものの相場がわかるので。

 

※『招待コード』について

メルカリダウンロード時に『招待コード』というものを入れることができる。周りにメルカリを使っている人がいなかったり、くじのために招待コードを発行してもらうのがめんどくさければ『HXZFJS』といれてくれるとありがたい(おれの招待コードだ)。

メルカリを新しくダウンロードする際にこのコードを入力すると、招待した人と招待された人それぞれに無料で使えるくじがプレゼントされるこのくじは50円~10000円が当たるくじだ(昔は300円が固定でもらえたのだが最近くじに変わった)。

※このコードを入れたところでおれにあなたの情報は一切伝わらないのでご安心を。おれの情報もあなたに伝わらない。というか、お互いの情報が伝わるならこんな風に不特定多数が見るウェブ上におれはコードをさらさない)

スポンサーリンク









スポンサーリンク


スポンサーリンク









スポンサーリンク


コメントを残す




CAPTCHA