任天堂の開発者、矢吹さんの対戦に学ぶARMS立ち回りのコツ6つ

こんにちは、ナビ夫だ。

©2017 Nintendo

アメリカのゲーム見本市『E3』にて、会場に来場した一般枠参加者+プロゲーマーでARMSのトーナメントが行われた。

結果、優勝したのは一般枠参加のZerkさん。

ZerkさんにはARMSトーナメント優勝の証としてチャンピオンベルトが贈られた……のだが、本編がこの後に待っていた。

司会の提案で、チャンピオン『Zerk』さん vs ARMS開発者(プロデューサー)『矢吹』さんの対戦が実現。

 

結果、矢吹さんが圧勝した!

 

2戦で合計4ラウンドを対戦したのだが、1ラウンドも落としていない。完勝だ。

まさかのチャンピオンをフルボッコ

まだ発売前とは言え、さすが開発者だ。

 

現在、矢吹さんの戦い方以上にARMSの対戦において参考になるものはないだろう。

そこでここでは、矢吹さんの対戦動画に学ぶ立ち回り立ち回りのコツをまとめる(矢吹さんが別の動画で語ったものなので、説得力はあると思う)。

スポンサーリンク









スポンサーリンク

実際の矢吹さんの対戦動画


E3におけるARMSトーナメントの決勝及び、その勝者であるチャンピオンvs矢吹さんの対戦動画だ(チャンピオンvs矢吹さんは24分頃から)。

 

ここから、この対戦における矢吹さんの立ち回りのポイントをまとめる(別動画で矢吹さんが語った内容をおれが独自にまとめたもの)。

 

ARMSの対戦における立ち回りのコツ4つ

攻撃の基本は片手ずつ

ARMSの攻撃は腕を伸ばして行われる。そして、1度攻撃するとその腕を引き戻す間、攻撃がまったくできなくなる。

このため攻撃で両手を使ってしまうと、引き戻すまでの間は完全に無防備になってしまう。よって、対戦では片手ずつ攻撃するのが基本だ。

矢吹さんは大きく弧を描き、対戦相手の視界の外から攻撃することの出来る軌道を持つ『ホットリング』などを攻撃のメインで使っていた。

©2017 Nintendo

 

そして相手が隙を見せたら、もう片方の直線的な軌道を持つアーム(フリーザーなど)でその隙を叩く、という感じだ。

©2017 Nintendo

 

投げとラッシュは安易な使用厳禁

©2017 Nintendo

先ほど書いたように、攻撃に両手を使ってしまうと隙が生じて反撃を受けてしまう。

このため、両手を使う投げとラッシュは安易に使ってはいけない。

 

とくにラッシュは、一度放つとその場から動けないため隙だらけになってしまい、回避した相手から手痛い反撃を受けることになる。

ラッシュを当てたければ相手の攻撃の隙を狙うか、コンボで繋げるかが良さそうだ。

※矢吹さんはスプリングマンのステージで、『投げ→画面端のスプリングに当ててバウンドさせる→浮いたところにラッシュ』というコンボを使い、ラッシュを当てていた(上で紹介した動画の27:30付近)。

 

回避の基本は左右の動き

©2017 Nintendo

ジャンプすると着地時に隙を生じる。そのため、そこを狙われると回避が困難だ。

だから、回避は基本的に左右にダッシュすることで行う。また、小刻みに左右に動くことも相手の攻撃を翻弄する上で重要なようだ。

 

ただし、これはあくまで一般的な話で、たとえばリボンガールやメカニッカなど、空中でも何度か動けて着地のタイミングをずらせるキャラにおいてはジャンプも有効なようだ。

 

相手とは一定距離を取ることが重要

ここまでで書いたように、安定して勝つためには相手の攻撃を避けてその隙を狙うことが大事だ。

しかし、あまりに距離が近いと腕を引き戻す時間も短く、また回避も困難になる。

このため、相手とは攻撃が回避できる一定距離を取ることが重要だ。

 

ただ、これは逆を言うと、自分より格上の相手と戦う際はお互いに攻撃が避けにくい近距離で戦い、乱戦にもつれ込むのもありだと思う。

 

ARMSの対戦における立ち回りまとめ

今回はチャンピオンをフルボッコにした開発者、矢吹さんの対戦における立ち回りのコツ4つをまとめた。

 

  • 攻撃の基本は片手ずつ
  • 投げとラッシュは安易な使用厳禁
  • 回避の基本は左右の動き
  • 相手とは一定距離を取ることが重要

このコツを踏まえて、自分がARMSの先行体験会でやったプレイを振り返ると赤面ものだ。……投げ技乱発、何も考えずジャンプして空中ダッシュ。隙多すぎるだろう、おれ。

 

今後は勝率をあげるべく、このコツを踏まえた立ち回りを意識していきたい。そうすることでARMSの『オンライン公開スパーリング』で成績上位になれるかもしれないので。

※『オンライン公開スパーリング』とは、アームズ発売と同時にオンラインのタイマン対戦『ランクマッチ』の成績上位者で戦うトーナメントのことだ。

上位者の戦いは任天堂よりYouTube Liveで生中継されるとのことだ。

詳細は次の通り。

6月16日(金)のソフト発売日以降、『ARMS』をプレイしていただいたみなさんに、番組予選への参加意思確認のメールを順次お送りします

 

6月16日(金)~6月24日(土)を番組予選期間として、後日「ランクマッチ」の結果を集計します。つまり、参加意思を表明して、「ランクマッチ」をプレイしたすべてのプレイヤーが予選参加者、ということです!

 

予選期間終了後、参加されたプレイヤーの上位12人に任天堂…もといARMS協会からご連絡し、番組でのプレイにご協力いただけるか、確認します。

 

・ご協力いただけることになった上位プレイヤーのみなさんがオンラインで参加するトーナメントを実施し、YouTube Liveで生中継します!

放送は、7月上旬を予定しています。

 

任天堂のARMS公式ページより抜粋

 

今回の記事が、あなたの対戦の参考になれば幸いだ。

スポンサーリンク









スポンサーリンク


スポンサーリンク









スポンサーリンク


コメントを残す




CAPTCHA